人気ブログランキング |
<< 都会のオアシス  香港17 夜の街  香港15 >>
香港人の特性  香港16
b0112443_22112564.jpg


前回から引き続き、9月に行った香港旅の写真より。
捨てられ逝くガラクタたち。

今回の香港旅行は急遽決定したものだったのですが、初めて行く土地でもないので、「観光するぞ~。」という気合はまったくゼロ。

そのかわりの第一目的は友人に会うこと。

急いで「香港行くこと決まったからよろしくね。」と連絡し、なんだかんだで4人の香港人と会ってご飯を食べたり話したりしたのですが、4人のうち3人がiPhoneを持っていたことにびっくり!

日本で、私の身近で、iPhoneを持っているのを知っているのはわずか一人のみ・・・。

この差はいったい??

そして、彼らとご飯を食べている時、隣の席で同じくiPhoneを操っている人に遭遇すること2回。
友人の一人が言うには「会社の同僚7人のうち、4人がiPhone持ってるんよ~。」

香港人、恐るべし。

香港人が携帯電話好き、ブランド好き、そして新しいもの好き、というのを重々承知していたのですが、さすがにこう皆が皆iPhoneを持っていたことに衝撃を受けたのでした。

携帯の契約会社によっては安く手に入るようですが、そうでない場合は、聞くところによると結構な値段なのです。

いやー、こういうところに惜しみなく消費行動するあたり、香港経済も安泰なのか・・・。

これは個人的な考えですが、香港人、お金に非常に執着心がありますが、意外にその使いようは時と場合によって日本人以上に派手だと思います。

モノの消費だけでなく、たとえば大勢でご飯を食べに行っても割り勘をするのは本当に稀。
「今日は俺のおごりだ~。」となって、5人分とか平気で”埋単”(マイタン=会計)してしまいます。
ま、これは順番におごりおごられしていくので割り勘と同じといえば同じなのですが・・・。

この新しいもの好きと消費特性は、「香港の狭い土地柄が絶対影響している!」と私は勝手に考えています。

これだけ狭いところに人とショッピングスポットが密集していたら、流行の伝播も早い。
そして、何よりも狭い都会の地ですることといえば、街をぶらぶら、気が向けば店を冷かし、お買いもの。

さて、この仮説はあたりか否か・・・。
by munan-munan | 2008-10-06 23:07 | 香港
<< 都会のオアシス  香港17 夜の街  香港15 >>