人気ブログランキング |
<< 拙政園  中国・蘇州6 中国的装飾  中国・蘇州4 >>
蘇州観光指南  中国・蘇州5
蘇州観光指南  中国・蘇州5_b0112443_17144464.jpg


タイトルに「観光指南」と偉そうに書いていました。

私が蘇州に行ったのは香港からが一回と、上海から一回の合計二回のみです。
一回目は杭州→上海→蘇州→上海→香港というルート。
二回目は上海→蘇州→杭州→上海というルート。

一回目は蘇州に泊まりで、しかも一人旅行だったので、のらりくらりと自分のペースで楽しめたのですが、二回目はなんと5人で出かけたのでした。

当時上海に住んでおり、両親&妹が遊びにきて「上海は都会だから日本と変わらない。他の所に連れて行って!」とのリクエストで上記のルートを組むことに。

上海から蘇州までは列車が便利。こちらでもご紹介したところです。

ただ、蘇州→杭州が直通列車が確かないんですね、これが。一度上海を経由しないといけない。ただ、地図を見ると三都市の並びがちょうど三角形を横に倒した形なのです。
つまり、「>」 ← この記号でいうと尖った所が上海、上が蘇州、下が杭州。

どうしたものかと思っていたら、バスがあったではないですか!

というわけで、意気揚揚と団体で上海から蘇州に出かけ、朝に到着。

さて、団体で困るのが観光地間の移動。大勢だと一人のときのように市バスに乗ったりするのも面倒。かといって、タクシーは5人だと乗車拒否にあいます。(だいたい4人まで。)

どうしたものかと、駅で考えていたら、ちょうどいい具合に観光客引きのおじさんにつかまりました。

おじさん 「蘇州一日観光コースがあるけどどう?」
私 「どこに連れて行ってくれるの?」
おじさん 「このパンフレットの写真にのっている庭園とか、運河とか。どうどう??」
私 「5人なんだけど、車だしてもらえる?夕方ぐらいまで。行先は自分たちが希望するところを回ってほしいんだけど?いくら?」

こんな具合に、旦那にせかされるまま交渉開始。
値段は忘れましたが、確か100元から150元くらいだったはず。(車代のみ。観光地の各自入場料は含まずです。)
これで車をほぼ一日貸切できました。途中までガイドみたいな人もついてました。
その男性にこちらの見たいところを伝えると、慣れた具合に”安排”してくれます。

ちなみに、”安排(an pai)”とは中国語で、いろいろ計画を立てて準備や手配をすること。
アレンジするや、セッティングをするという意味なのですが、非常に便利。
その便利さと日本語でも「あんばいする」とたまに言うので、それとごちゃまぜになってしまうほど。

さて、脱線しました。
というわけで、その車でどのように回ったかというと、

蘇州駅→ 留園 → 水郷を船で遊覧&付近の街を散策 → 寒山寺 → 昼食 → 盤門 →バスターミナル

というルート。
5人まとめて色々連れて行ってもらえて、蘇州・杭州間のバスチケットは私たちが観光中に購入を”安排”してくれるもんだからなかなかグッドでした。地元の人に評判のレストランを教えてくれたり・・・。時間も節約でき、これで日本円にして2000円弱なんだから安いものです!

アテンドで蘇州に行かれる場合は客引きにつかまってみるのも手ですね。
連れていく私が一番楽させてもらえました(笑)。

写真は水郷の遊覧船から撮影。蘇州らしい風景です。

蘇州観光指南  中国・蘇州5_b0112443_17543912.jpg

by munan-munan | 2008-08-30 17:56 | 中国 江蘇
<< 拙政園  中国・蘇州6 中国的装飾  中国・蘇州4 >>