人気ブログランキング |
<< 看板職人  インド・ヴァラナシ17 サールナート  インド・ヴァラ... >>
遺跡公園で  インド・ヴァラナシ16
b0112443_21203739.jpg


インドはどこへ行っても誰かがそばにいる気がします。

いい意味でも悪い意味でもほおっておかれない感じです。

前回の記事で書いたサールナートという遺跡公園に来ても、おみやげの売り子たちとずっと行動を共にしていました。

暇なひととき、いい遊び相手がいる!と思われたのでしょうか。

無邪気な子供達ですが、やはり警備員(警察?)は怖いらしく、警備のおじさんの姿を見るや否や、四方八方に走り去っていきます。(けど、また現れるのですが。)
おそらく、遺跡でおみやげ販売をするのを禁止されているのでしょう。

彼らは親切にいろいろ案内してくれます。
彼らについていくと、鹿がいました。

ここは仏典では、「鹿野苑」と呼ばれており、鹿が多く住んでいたことに由来するそうです。

私の実家がある奈良の奈良公園を思い出しました。

でも、鹿せんべいは当然なく、子供たちが持ってきた野菜くずのえさをあげた覚えが。
(もう4年も前なので、記憶なし・・・。)

上の写真はそんなサールナートより。
茶色い河や建物のヴァラナシ中心部からやってくると、緑が新鮮で、本当に美しい場所でした。
by munan-munan | 2007-12-04 21:34 | インド
<< 看板職人  インド・ヴァラナシ17 サールナート  インド・ヴァラ... >>