人気ブログランキング |
<< 桃源郷の村  中国西逓1 村の人達  中国宏村5 >>
安徽省の名産茶  中国宏村6
b0112443_20244929.jpg


中国安徽省はいくつか有名なお茶があります。
黄山に近い町、屯渓や周辺の観光地の村では茶葉を販売しているお店がたくさんあります。

一番有名なのが、「黄山毛峰」。
黄山市が産地で、高地で産出されるのと、茶葉に産毛が生えていることからこの名前がついたと言われています。

上の写真は女性が茶葉を煎っている様子。
釜は熱いのに、素手で作業しています!

あと、お茶屋の人が勧めてくれたのが、「祁門紅茶」
中国で、紅茶?と思われるかもしれません。私もそう思いました。

安徽省の祁門県というトコロがすぐれた品質の茶葉を産出することからこの名前がついたそうです。

祁門紅茶はインド産のダージリン、スリランカ産のウバと並んで、世界三大紅茶の一つに数えられているようで、世界的にも有名な紅茶の品種なのだとか。
国際的な食品の展覧会で何度か金賞を受賞しているようで、試してみる価値がありますね。

私も購入しました。しかし、お店で真空パックにしてもらったことをいいことに、今だに封を開けておらず、我が家の棚の中で眠ったまま・・・。

最近寒くなったので、そろそろ開封して飲んでみようと思います。

下は、鮮やかな色をした花茶。
何の花でしょうね??

中国は各地で好まれるお茶も様々。なので、旅行先でご当地のお茶を飲んだり購入したりするのも楽しみの一つです。
しかし、ここのところ、中国産の食品についてネガティブな報道が多いので、中国のお茶は大丈夫なのかしら・・・、と思いつつ、やっぱりおいしくて香りのよい中国茶はやめれません・・・。

b0112443_20483975.jpg

by munan-munan | 2007-10-02 20:52 | 中国 安徽
<< 桃源郷の村  中国西逓1 村の人達  中国宏村5 >>