人気ブログランキング |
<< 水郷の街 周荘 雨上がり  上海 >>
株の話  上海
b0112443_20124692.jpg


出版局の前で。

おじさん、なぜスーパーのショッピングカートをそんな所で押しているのでしょうか?

”新聞”つながりということで、最近日経新聞を読んでいると、株安、円高のニュースが踊っていますね。

今年の2月末、中国の旧正月明けの上海発世界同時株安にはかなり驚いたんですが、今回の大暴落にもびっくり。

上海に住んでいる間、一緒に仕事をしていた取引先の社長がかなりの投資好きで、いつも、

「中国元は上昇するから、今から元預金をしたほうがいい。」
とか、

「中国のIPO株は今まで2社以外公募価格を割ったことがないから、絶対儲かる。やりたいなら、私を通して応募したらいい。」
とか、

何かと、その方法や投資情報を耳にしては、踏ん切りがつかず、何もしていなかったのです。

確かに中国株や中国元には魅力を感じていたのですが、円を大量に中国元に替えても、中国政府のこと、いつ何時、元を外貨に替える手段に今以上の規制がかかるか分からず、リスクがあまりにも大きいのです。(今でも元→外貨両替にはその金額に制限がある。)

しかも、中国でずっと中国元を使用して生活するならまだしも、日本に帰国することを視野に入れていたので、なおさら踏みとどまっていたのでした。

日本では、あまり株や不動産といった投資話を身近で聞くことはそんなにありません。しかし、中国では、そういう投資話を聞く機会がやたら多いのです。
私が、中国の商業都市、香港&上海に住んでいたからかもしれません。
しかも、中国人はお金の話がホント好きですから・・・。

そんな中にいると、「何て自分は資産運用に関する知識がないんだろう。」
と常々思っていました。

で、日本に帰国してから、投資好きの中国人に感化された?旦那にせかされるまま、資産運用と金融商品について勉強し始め、5月末に初めてネット証券の口座を開いたものの・・・。

6月は1か月日本にいなかったので、7月から始めようと思っていたのですが、どうもスタートが切れない。かなりの円安&株高のように思えたので。

ところが!7月末あたりから、いい具合に?だんだんと買いやすくなってきたのではと思い、8月、えいやっーと投資を始めました。

といっても、個別株には投資してません。
デイトレーダーのように売り買いもしません。
なにせ、面倒くさがりの私にはそんな芸当できません。
しかもいろいろ勉強すればするほど、日本の金融機関と金融商品の手数料の高さにばかばかしくなってくるのです。

ない頭で思考した結果、海外&国内のインデックスファンドとETFをひたすらバイ&ホールドしようという戦略?!に決め、こつこつと銀行預金から分散して移動する予定。

というわけで、今回の世界同時株安は私にとっては、バーゲンセール的な出来事だったのですが、それにしても、投資を始めていきなり、こんな事になっていい経験させてもらいました・・・。
いくら、株も米ドルもお買い得といっても、こう毎日下落してたら、泥沼に足を踏み入れている気がして、少しは落ち込みます。。。

はたして、うまくいくのか。
それは、10年後、20年後でないと分かりません。

しかも、まだまだ勉強不足。日々精進なのであります。
by munan-munan | 2007-08-20 21:44 | 中国 上海
<< 水郷の街 周荘 雨上がり  上海 >>