人気ブログランキング |
<< 中国の砂漠 街角で   カシュガルⅥ >>
夕日に照らされた建物   カシュガルⅦ
b0112443_085423.jpg


カシュガル市のウイグル族居住区にて、とてもエキゾチックな建物を見つけたので撮影。

新疆に来てからよく、観光の広告や看板でこういう言葉を目にします。

「没到过喀什,就不算来过新疆」

意味は、「カシュガルまで行かなければ、新疆に行ったことにはならない。」

つまり、新疆旅行に行くなら是非カシュガルを見ておくべきだということでしょう。

確かに、ウイグル族居住区を歩いていると、民族風情たっぷり、イスラム色がかなり強く感じられます。
露天で果物を買おうとしたのですが、中国語が通じませんでした。

このような所をふらふらと歩いていると、どこか別の国に来た気がします。
by munan-munan | 2007-06-24 21:17 | 中国 新疆
<< 中国の砂漠 街角で   カシュガルⅥ >>