人気ブログランキング |
<< 夕日に照らされた建物   カシ... おしゃれな2人   カシュガルⅤ >>
街角で   カシュガルⅥ
b0112443_22563045.jpg


カシュガル市があるカシュガル地区は中国の西に位置しており、パキスタン、アフガニスタン、インド、タジキスタン、キルギスと国境を接しています。
カシュガル地区は、カシュガル市と11の県から成っており、その面積はなんと山東省より大きいそうです。

32の民族が暮らしており、そのうちウイグル族だけで90%を占めます。
カシュガル市では結構漢族も見かけましたが、少し田舎に行けば、まったく漢族がいないという状況なのでしょう。

多くの国と国境を近くにし、古くからシルクロード貿易とともに栄えた町であったことから、他の中国の都市とはまた違った文化、建物等を見ることができます。

市の中心を東西に人民東路&人民西路という道路が横切っているのですが、その北側はウイグル族が多く住む地区、南側が漢族地区という感じになっているようです。

ウイグル族居住区を歩いていると、古い建物が残っており、なかなかいい雰囲気が漂っています。
そして、羊肉串を焼く屋台から香辛料の香りがしてくると、シルクロードの街に来たという感じがしてきます。
by munan-munan | 2007-06-24 20:52 | 中国 新疆
<< 夕日に照らされた建物   カシ... おしゃれな2人   カシュガルⅤ >>