人気ブログランキング |
<< 中国的列車内の過ごし方 ざくろジュースと回族の話   ... >>
カシュガルへ向けて走る列車
b0112443_16282312.jpg


私がウルムチで滞在していたホテルは、中国人、中央アジアの人、ロシア人が主なお客だったのですが、チェックアウトしようとエレベーターに乗ると、見かけがロシア系の人?と思われる夫婦に遭遇。

夫婦 「中国人ですか?新疆へ旅行に来たの?」
私 「いいえ、日本人です。旅行をしてます。」
夫婦 「あなたは日本から来たのね!」

と3人ともおぼつかない英語で会話を始めたのですが、「日本から来た」というのに、かなり興味があるのか分りませんが、
夫婦 「私たちはカザフスタンから来てます。親戚がウルムチに住んでいて訪ねてきた。カザフスタンへは旅行に行きますか?」
私 「行ったことないです。これからカシュガルへ行って、そのあと日本へ帰る予定です。」

と話すと、
夫婦 「カザフスタンはいいところだから、是非来てください!来ることがあったら、私たちを訪ねて。」
と紙とペンを探しなんと名前、住所、電話番号を書き出し、私にくれるのでした。

エレベーターで会って3分も経ってないのにびっくり。
草原の国、カザフスタンらしいというか、なんと大らかな人達だ!

そういえば、ホテルの近くからカザフスタン行きの国際バスが出ています。中央アジアはすぐそこなんですね。

朝、チェックアウトを済ませ、ウルムチ駅へ移動。
今日は、12持9分ウルムチ発カシュガル行きの列車に乗ります。
約23時間、1588㎞の旅です。新疆広すぎ!新疆の西の果て、カシュガルまでは遠いですね。
ちなみに、硬臥下段チケットは345元でした。
北京からウルムチまでは、コンパートメントの同室メンバーに恵まれましたが、今回はどうなるか、気になります。

写真はウルムチを出発してしばらくして停車した駅より撮影。
by munan-munan | 2007-06-23 10:27 | 中国 新疆
<< 中国的列車内の過ごし方 ざくろジュースと回族の話   ... >>