人気ブログランキング |
<< バスの車窓より   カナスⅤ 人間浄土   カナスⅢ >>
山盛りスイカ   カナスⅣ
b0112443_15225244.jpg


無事今日の宿に到着。
今回のツアーは一人で参加している人が私だけなので、「一人部屋かな。」と淡い期待を抱いていたのですが、そこは、低価格ツアー。
ガイドの女の子と同じ部屋になりました。
日本じゃありえない!お客とガイドが一緒なんて・・・。しかし、ここは中国、気にせずに行きましょう。

部屋はそんなに広いわけでもなく、夜長な新彊、まだ外も明るいので、散歩に出かけることに。

そこで、この写真の山盛りスイカに遭遇。
布尔津で収穫されたばかりなのか、南から運ばれてきたのかわかりませんが、この時期、ちょうど西瓜(xigua=スイカ)、哈密瓜(hamigua=メロン)が出だした頃です。
新彊のあらゆる街の道路沿いやバザール等で売られています。ミネラルウォーターよりも安いので、現地の人はお茶の代わりに、又は水分補給に、こういったウリ科果物を食べるのです。

他の街ですが、市場で値段を聞いたら、スイカ1個4元!(日本円=約65円)

のん気にふらふら街を徘徊して、ホテルに戻ったら、ガイドがロビーに。
「あーやっと見つけた! どこ行ってたの?探してたんだよ。」
「散歩しに外へ行ってた。どうかした?」
「急にいなくなったから、広東のYさん達と心配してたんだよ。電話してもつながらなし、私もYさんも携帯にメッセージいれたんだけど・・・。」
「あ、気づかなかった。」
というか、携帯、部屋で充電してて、持って行くの忘れてました。

その後、散歩に出かけてて、メッセージに気づかなかったことをYさんに電話で詫びると、
「一人だから、私達と一緒に街に出かけるのはどうかなと思って探してたんだよ。私達ももう外に出てしまったけど・・・。」
との事。

部屋で休んでいると、その30分後、Yさんから電話。
「今夜市にいるんだけど、食事おごってやる!せっかく新彊へ来たんだから、新彊料理食べよう!」
というわけで、ご丁寧に同僚のWさんをタクシーでホテルまで私の迎えに寄こし、屋台で3人、ビールと新彊料理を楽しんだのでした。

下の写真、魚の串焼き料理中。塩で味付けかと思ったら、ここは新彊、羊肉串と同じくスパイスの効いたエスニックな味です。

b0112443_1684085.jpg

by munan-munan | 2007-06-19 19:17 | 中国 新疆
<< バスの車窓より   カナスⅤ 人間浄土   カナスⅢ >>