人気ブログランキング |
<< 岩砂漠を駆け抜ける   カナスⅡ 夕暮の砂漠   吐魯番Ⅶ >>
青空の下、出発   カナスⅠ
b0112443_2340741.jpg


今日6月19日から22日まで、ウルムチから”喀納斯湖四日游”(カナス湖3泊4日の旅)という現地ツアーに参加します。またまた、ツアーです。

団体行動は、時間に制限が多くて基本的に嫌いなのですが、現地で自由行動が結構あるそうなので、値段の安さに負けて申し込みました。
もちろん、ホテルの下のおなじみ旅行会社でです。

昨日ホテルに到着したのが、夜11時半過ぎ。しかし、旅行会社のツアー担当男性(Mさん)、私が「カナスへ行きたい」と言っていたので、待っててくれました。実はまだ正式契約もしてないし、旅行代金も払ってなかったのです。次の日の朝出発なのに・・・。
看板に書いてある ”24小時服務” (24時間サービス)というのは、本当かもしれない。

もう申し込みが3回目という上客なので、ここは関西人らしく、
私 「ツアー料金安くなる?」
Mさん 「じゃあ、480元を450元でどう?」
私 「これで、3回目の申し込みだから、もうちょっと安くなる?? 430元!」
Mさん 「うーん・・・。まあ、何回も来てくれてるから、OKとしよう。」

というわけで、交渉成立。
ツアー料金には、交通費、ガイド代、宿泊費3泊分が含まれますが、食事代、カナス湖等の観光入場料は含まれません。食事は自分で好きなものを食べたいだろうし、観光も途中で行きたい所を各自選択できるからです。

中国で一日ツアーには何回も参加しているのですが、泊まりの現地発着ツアーは初めて。新彊は広いから、一日かかってやっと目的地に到着なのです。

そこで、気になることが1つ・・・。
私 「ホテルは一人部屋なの?」
Mさん 「もしかしたら、誰か一人で参加している人と相部屋になるかも。ガイドがちゃんと現地で手配してくれるから心配ないよ。」
私 「男の人と一緒ってことはありえないよね??」 (← いくら中国でもこれはあるまい、と思いつつ、念のために確認。)
Mさん 「はっはっはっ、それはないから、ご心配なく!」

無事申し込みを終え、
Mさん「夜、現地は結構寒いから着る物ちゃんと持っていったほうがいいよ。厚手の長袖、靴下とか。あと、重たいものあったら戻ってくるまでここで預かってあげるよ。」

という親切なアドバイスを元に、夜中にごそごそ荷造り準備。

翌朝の今日、晴天の下、バスはカナスへ向けて出発するのでありました。
by munan-munan | 2007-06-19 09:39 | 中国 新疆
<< 岩砂漠を駆け抜ける   カナスⅡ 夕暮の砂漠   吐魯番Ⅶ >>