人気ブログランキング |
<< 夕暮の砂漠   吐魯番Ⅶ 葡萄沟  吐魯番Ⅴ >>
壮大な紅い山   吐魯番Ⅵ
b0112443_1950650.jpg


いろいろ連れて行ってくれた(連れ回された?)おかげで、19時過ぎにトルファンを出発。ウルムチへ向け帰路をバスが走ります。夜長な新彊なので、まだ外は明るいですが。

バスの中で、ガイドがアンケート用紙を配り、皆にこのツアー&ガイドの評価をさせるのですが、ここでガイドがなんと、私以外に日本人参加者がいることを発見!
そういえば、暑い中カレーズを見てる時に、帽子や日傘を持っておらず、手ぬぐいを頭からかぶっていた男性がいたのですが、その手ぬぐい、日本でよく売っている台所用布巾だったんですよね・・・。
「日本の台所用布巾と同じだ!」
なんて、暑さのあまり朦朧とした頭でちょっと思ってたんですが、まさかその彼が日本人だったとは・・・。

ガイド 「話を全くしていなかったので、彼が日本人だとは気づかなかったなぁ。新彊で日本人に出会うのも何かの縁だ。彼の隣の席で話でもしてこいっ!」

と強引に席替えさせられ、おまけに、

ガイド&皆 「この際だから、日本の歌でも歌ってくれ!!!」
なんて、言われます。これは、あまりにも恥ずかしいので、2人とも丁重にお断りしました。

この男性、以前私も4年程住んだことのある名古屋在住の精神科医なのでした。
中国語に興味があり、独学で勉強したことがあるそうで、大学生の頃から貧乏旅行をしているようです。このツアーは直接、ウルムチの人民公園で申し込んで参加したとのこと。
今は、仕事の都合で休みがなかなか取れず、今回も5日間の休暇を利用して、ウルムチ、トルファン、上海と回って日本に帰るようです。
「昔の旅行スタイルは今も変えれない。」っておっしゃってたのが印象的でした。

そうそう、高給なお医者様の悩みは、
「中国人って、すぐ「お前の給料はいくらだ?」って聞くでしょ、あれ、なんて答えたらいいか悩むんですよね。」

わかるわかる。私もよく聞かれるけど、高給でなくても、中国人にとって日本人のお給料の額は相当高額。
だから、私はこう答えてます。
「大学卒業して、そこそこいい会社に入ったら、初任給は20万弱。しかし、きゅうり3本で100円、コカコーラ1本120円、東京の公共バスは200円なのよ。物価高いんだよー、日本は。」

「じゃあ、日本の会社からお給料もらって中国で生活するのが、一番だな。」

頭の回転の速い方はそう切り返してくるのですが、確かに中国で豊かな駐在員生活を送られている方も多いです。
by munan-munan | 2007-06-18 19:55 | 中国 新疆
<< 夕暮の砂漠   吐魯番Ⅶ 葡萄沟  吐魯番Ⅴ >>