人気ブログランキング |
<< 餃子を作る 渋滞の町・北京 >>
新しく生まれ変わる街
b0112443_059382.jpg


北京のとある街角。古い建物が取り壊された後の様子。

ふらふらと歩いているとたまにこういう光景を目にします。
私がいた時は、天安門広場の南、前門付近もきれいなショッピング街に変身させるべく、工事が行われていました。

また、去年の冬に北京を訪れたのですが、その時の王府井と今回の王府井にも変化が!
メインの通りをきれいにするために道路を補修しており、もくもくと砂塵が舞ってました。

そして、前回行った、古めかしい建物の中にある餃子屋さんにもう一度行ってみようと思い、歩いていると、そこは建物が跡形もなくなくなっている。歯が抜けたように・・・。
となりのワンタン屋さんは残っているのに。

ちょっと寂しい気分になりました。

北京にたくさんある胡同も再開発に伴い徐々に姿を消しているようですし、高層ビル建設工事をいたるところで見かけます。

新しくきれいな街になることは、そこに住む皆に歓迎されることなのでしょうか、外からやってくる私にとっては、中国らしい「伝統的な」、「文化的な」、「古きよき」モノにやはり惹かれるのです。

この現象は、大都市上海も同じで、古い味のある建物がどんどん消えていってます。

私や、日本から上海に遊びに来た友人は、老西門あたりの、古い町をとても面白い場所と捉えるのですが、上海人にはどうもそれが理解できない様子。
彼らは、浦東という、新しく開発された上海を案内したがり、自慢に思っています。

うーん、複雑です。
by munan-munan | 2007-06-08 20:56 | 中国 北京
<< 餃子を作る 渋滞の町・北京 >>