<< ベトナム8  電車旅 ベトナム6  メコンの子供たち >>
ベトナム7  ベトナムごはん&フルーツ
b0112443_20374480.jpg


今日はベトナムごはんとフルーツの写真より。

ベトナム料理は近くの中国と植民地時代のフランスの影響を受けて、東南アジア料理らしい味+ヨーロッパテイスト+歴史ある中華味とミックスな料理。

甘すぎず、辛すぎず、さっぱりな料理が多く、野菜もふんだんに使っているのであっさりしていてヘルシー。
日本人には食べやすいかと思います。

ちょっと癖があるのが、「一緒に食べてね。」と出されるフレッシュハーブの葉っぱたち。
料理の中にもふんだんに使われていて、舌に合う人とそうでない人が分かれるところ。

さて、メコンデルタの村に行った時に、ライスペーパーづくりを見学したのですが、そのそばのレストランで出されたのが、上の写真の魚料理。
「象の耳」というメコンデルタの名物料理で、川魚が丸ごとから揚げされています。
この白身の魚とフレッシュハーブ、野菜をライスペーパーで包んで食べます。

美味でした!

ベトナム料理だけでなく、楽しめるのが南国フルーツ。
下のような屋台で安く売っており、日本ではなかなかお目にかかれないフルーツが食べれます。
これを書いていて食べたくなってきました・・・。

b0112443_20374669.jpg

by munan-munan | 2010-10-04 20:48 | ベトナム
<< ベトナム8  電車旅 ベトナム6  メコンの子供たち >>