人気ブログランキング |
<< 路地裏探索  中国・上海12 中国の結婚式に参加する その3... >>
小龍包  中国・上海11
b0112443_21305327.jpg


なんとなく上海の観光地らしいところにも行ってみたくなって、豫園に行ってみました。

そうしたら、どこから皆来ているの??というくらい観光客がいてびっくり。
歩くのが大変なくらいです。

なので、取り立てて用事のない私たちはそそくさと混雑スポットを抜けて外を歩いていたら、「豫龍坊」という新しい建物(商業施設)に到着。

新しいものとカメラが好きな中国人観光客がこぞって記念撮影をしていました。

さぞかしここも混んでいるのかと思いきや、こちらはガラガラ。

「上海に行ったら小龍包を絶対食べる!」

と意気込んでいたので、豫龍坊の中にある鼎泰豊へ。
12時ちょっと前だったのですが、店内はお客もまばら。並ばずにすんなり入店です。
ま、台湾のお店ですからねぇ。

それでも、ニューヨークタイムズ紙が世界10大レストランに選んだことがある小籠包の老舗だけあって、味はいうことなし。
私はここのもち米シュウマイも大好きです。

今回は、隣のテーブルの家族がおいしそうに食べていたデザートにつられて、下の写真のかき氷を初オーダー。

台湾や東南アジアでよく見かける豆やもっちりタピオカなどの具入り氷です。
これが2人で食べてもボリュームたっぷりでお腹冷え冷えなのですが、うまい!

さて、上海の小龍包といえば、豫園の中の南翔饅頭店が有名です。こちらは、いつものごとく大行列でした。
がっつり食べるなら南翔饅頭店、ちょっと上品めが好みなら鼎泰豊でしょうか。

けど、時間があれば、ぜひ小龍包の故郷、南翔鎮まで足を延ばしてみることをお勧めします。
南翔は上海の北西部、嘉定区にあり、そばに地下鉄駅がないのですが、1号線は近くまで延びています。タクシーでもそんなにかかりません。

通りにたくさん小龍包屋さんが並んでいて、どこに入ろうか迷うくらいです。
お客さんがたくさんいる店を狙いましょう。
ここの小龍包は本場だけあって、本当においしい。一緒にスープをオーダーすると格別です。

ちなみに、他の地方の小龍包の話はこちらを・・・。

b0112443_227228.jpg


b0112443_2273795.jpg

by munan-munan | 2009-10-11 22:07 | 中国 上海
<< 路地裏探索  中国・上海12 中国の結婚式に参加する その3... >>