人気ブログランキング |
<< 都会の夜桜  東京・赤坂1 レバノン料理&ベリーダンス  ... >>
エミレーツ航空  UAE・ドバイ16
b0112443_21434720.jpg


さて、今日の写真はドバイ国際空港。

去年からイエメン&ドバイ旅行を、途中脱線しながら長々やってきました。
そして、ついに今日がその最終回。

最終回の話は、良い話で〆たいところ。
なにせ、イエメン旅行は大満足、ドバイも市内移動に大変でしたが、最後のディナーで満腹だったので・・・。

しかし!そういうわけにはいかないのです。

ドバイで遅い夕食をとって、まったりと時間をつぶしたあと、空港に向かいました。
夕食をとったハイアットから空港までは車で10分ほど。

深夜3時前のフライトだったのとドバイで遊びすぎて、もう体も頭もぐったりだったのですが、なんとか眠たいところを我慢、出国審査まで終えて出てきたのが上の写真の場所。

そう、ここドバイの空港は搭乗ゲートとショッピングができる店が隣接しているのです。
つまり、「飛行機に乗るまで消費をしてね!」という何とも観光客に便利?!な作りなのです。

ただもう歩くのも疲れた状態なので、すたすたゲート横のシートで休息。
搭乗のコールが予定どおりに放送され、飛行機に乗り込んだのでした。

で、機内のシートに座るや否やおやすみなさい状態。
うとうとしていたのですが、予定離陸時間になってもなかなか出発しないのです。

「ん???、おかしい。」

と皆が少しそわそわしていたのですが、理由は分からず。

そして、待つことさらに数十分。
アナウンスで、「機内のエンターテイメントシステムで不具合が発生、離陸するかどうか本社に問い合わせ中。」
とのこと。

エミレーツは新しい機材を使用していて、ドバイ-日本線の機内TVは1シートに1つづつ。
映画も好きな時に好きなものを見れるGOODなシステムなのです。
どうやらこれがうまく作動しないらしく、確かに画面は表示されていないのです。

お客は皆、「映画やゲームは我慢するから早く飛んでよ・・・。」と思っているはず。
(そのように周りでは話し、がやがやしていたのです。)
深夜フライトだからもう皆お疲れ&寝たいモードなのです。

ただし、本社が下した決断は、「乗客をすべていったん降ろし、整備する。」というもの。

私は航空会社の事情に詳しくないですが、「なんでそんな判断なの???」と怒り心頭!!
周囲の乗客も以下同文・・・。

というわけで、機内で1時間待たされた挙句、また荷物を持っていったん空港に逆戻り。
降りたはいいけど、戻ったゲートではなんの指示もなし。

日本人のビジネスマンらは「まったく説明がない。降りてどうするのか、見込みはどうなのか説明しろ!」とかなり激怒。
そして、おじさんおばさんの添乗員なしツアー客とかはかなりの困惑気味。

私たちは・・・、もう眠たいので半ばあきらめ状態でベンチを確保、寝る態勢に・・・。
(空港は24時間空港のため、お客がいっぱい。夜を空港で過ごす人も多く、ベンチがあまりない状態。
 なので、結構な人が絨毯じきのフロアで直接寝る始末・・・。)

で、結局さらに4時間くらい空港で待たされて再び搭乗再開となったのでした。
それも、機材交換、ゲートの変更があったのですがアナウンスも無きに等し。
ひどいもんです、エミレーツ。

そんなわけで、日本の関西空港に着いたら予定の羽田行きフライトに当然間に合わず、ダッシュで国内線に移動、振替で最終便に搭乗。
羽田に到着したら、これまたいそいそ入国審査を終え、モノレールの終電に乗車。
綱渡り状態で無事帰宅したのでした。(といっても最寄駅からのバスには間に合わず、タクシー乗車。)
もしもう少し遅れてたら、おそらく関空どまり、次の日仕事にいけなかった!!

私なんかは家が都内だったからまだよかったものの、おそらく羽田から家が遠い人は自腹で宿泊ORタクシー。

とほほな復路でした。

と、悪口まじりのことを書きましたが、トラブル対応以外の機内サービスはなかなか良かったですよ、エミレーツ。

おまけで、機内ごはんをUPしておきましょう。
関空→ドバイの機内食はなかなかおいしかったです。

というわけで、これにてイエメン&ドバイ旅行は終了!
次回は、桜写真。



b0112443_22225129.jpg

こちらは、日本→ドバイ路線ででた機内食

b0112443_22232140.jpg

ドバイ→イエメン・サナア路線の機内食。上とは少し違いますね。
by munan-munan | 2009-04-06 22:22 | アラブ首長国連邦
<< 都会の夜桜  東京・赤坂1 レバノン料理&ベリーダンス  ... >>