人気ブログランキング |
<< 束の間のトランジット  UAE... 巨大モスク  イエメン・サナア... >>
イエメンの旅、終了  イエメン・サナア26
b0112443_19575568.jpg

→ 写真を拡大

昨日に引き続き、イエメンの首都、サナアでひときわ輝くモスクより。

私が行った去年の11月の時点ではあともう少しで完成の状態でした。
庭を整備していたところです。
中に入れるかなと淡い期待を抱いていましたが、ダメでした。軍隊の方々が警備をしていて、近くからのカメラ撮影は禁止だよと忠告を受けました。

そんなわけで、遠巻きから撮影。

決して経済的に豊かな国ではないイエメン。
一人当たりGNIは870ドル。(2007年データ、209カ国中163位。日本は37,670ドル。)

なのにこの輝きと大きさ、豪華絢爛さは一体???とちょっと複雑な気分ですが、ここでは多くを語らないこととします。

美しいものは美しい・・・、ということで。

b0112443_21242045.jpg


というわけで、思えば去年の11月から長々とイエメン旅行記を更新してきましたが、今日でひとまず終了とします。
我ながら、「日本のブログでここまで(というか、しつこいくらい・・・)イエメンを写真とともに紹介しているのも中々ないのでは・・・」と思います。場所にかなりの偏りがあるのが難点ですが・・・。

欠点は、また何年後かに機会があれば旅行をして補うこととします。
まだ、ソコトラ島や沿岸部、砂漠の摩天楼シバームとか魅力的な未踏の場所がたくさんあります。

次回は、イエメンから日本へ戻る途中に立ち寄った、UAEのドバイより。

最後に、イエメン旅行データを下に記しておきます。これから行かれる方のご参考になれば・・・、幸いです。

イエメン大使館@日本・西麻布   
→まずは情報収集。ツーリストビザもこちらでゲットできます(60USD)。ただし、東京近郊に住んでいる場合、大使館に直接出向かないといけません。(申請とピックアップで計2回)
申請書は大使館HPでダウンロードできます。

外務省海外安全ホームページ「イエメン」
→「渡航延期」の場所もあります。(2009年2月現在) 治安には要注意。

季刊旅行人05冬号「特集イエメン 完全保存版」
→渡航を決めたなら、また、決める前に一読をお勧め。

ブルームバーグ 為替計算
→行く前に為替レートチェック。 ちなみに1イエメンリアル=約0.5円

Arabia Felix Hotel
→ サナアでお世話になったホテル。HPに載っているメールアドレスに予約依頼メールを入れるとすぐに返事をくれます。旧市街でいろいろ歩いてイエメンスタイルホテルの価格調査?をしましたが、そこそこリーズナブルでこぎれい、場所も便利なので、結局サナアでは全泊ここになりました。
近郊へのショートトリップアレンジ、ドライバー手配もしてくれます。

その他:

・ご飯は期待していくと「むむむっ」、期待していないと「おー、おいしいかも。」といった感じ(笑)。

・アルコールは飲めません。酒好きは要注意(笑)。ノンアルコールビアーであればホテル併設のレストラン等で提供しています。サナアのとある高級ホテルレストランで「本物のビールがある。」と聞きましたが、値段は何と・・・、驚きの一杯11USD!おそろしや、密輸プライス。

・スーク巡りは外せない!場所により曜日スーク(一週間に一回開催の市場)が開催されているので、要チェック。

・女性は服装にちょっとした気遣いが必要。現地女性はほとんどの人が全身黒装束。厳格に伝統を守っている人は目や手を含め全身隠しています。
観光客はそこまではいかずとも、体の線が目立たない服、長そで、ロングスカートORパンツ、スカーフ着用の人が多いです。




下の写真が、その戒律の厳しさ?を物語っている気がします。
街で見かけた、中国人経営のマッサージ店の看板。写真の肌の部分が白塗りで隠されいてます。

こんなところにも、中国人が・・・、と驚いて店をのぞいてみると、若い女の子が2人。
北京から出稼ぎに来ているとのこと。1年で新しい子と交代するらしいのですが、聞いた感じでは遠い異国の地での生活は大変そうでした。
やはり、旅行でくるのと生活するのとでは感想がまた違うようです。

b0112443_21495351.jpg

by munan-munan | 2009-02-26 21:51 | イエメン
<< 束の間のトランジット  UAE... 巨大モスク  イエメン・サナア... >>