人気ブログランキング |
<< 白骨温泉へ行く  長野1 2009年! >>
深大寺初詣  東京
深大寺初詣  東京_b0112443_19273434.jpg


今年は丑年。

我が家に丑男いやいや年男がひとり、我が実家と旦那の実家に一人づつ、計3名也。

後半の二人は今年還暦を迎えるということで、お祝の旅行計画が年始早々持ち上がりなんだかおめでたい雰囲気。

おめでたいといえば、今年は1日から長野へ2泊3日の温泉旅に行って来たのですが、お天気がよい1日の朝、行きの電車、八王子手前付近にて「でで~ん」とそびえる富士山が見えました。

「今年はいいことがあるかも!」といい気分だったのですが、その後旅館でTVをつけると富士山に関する番組2つにたまたま遭遇。

そして、昨日、長野からの帰り、今度はバスで帰ったのですが、車窓からまたまた富士山。

本当にいいことがあるかもしれない。

そんなわけで、景気がいい気分で今日は初詣に行ってきました。

場所は東京、調布市にある深大寺。
家から自転車でいけるという理由で選んだのですが、4日だからすいているだろうと思ったら人ごみのすごいこと。

下の写真のように並んで順番待ちです。

深大寺初詣  東京_b0112443_19443854.jpg


深大寺初詣  東京_b0112443_19453864.jpg


長野に比べたら東京の暖かいこと!
今日は青空で自転車日和でした。年末から食べ過ぎ、飲み過ぎなのでちょうどいい運動です。

さて、今年はツイていると富士山を連続でみただけで勝手に思っている私ですが、おみくじもきっといいに違いないと思ったら、結果は・・・、「小吉」。

ま、そんなもんでしょう。今年はなすがまま、おとなしくしていなさいとのこと。
そうすれば、後から大きな福がやってくるとか。

どんな年になるのでしょうか。またいろいろ変化がありそうです。

深大寺初詣  東京_b0112443_20144015.jpg




深大寺初詣  東京_b0112443_19553027.jpg


久々に深大寺に足を運んだのですが、鬼太郎茶屋なるものがありました。昔はなかったはず・・・。上の写真がその茶屋。屋根に下駄がシンボル。

ちょっとした耳かきコレクターの私としては「なにかあるはず・・・。」と店内に入ると目玉のおやじの耳かき発見!
ねずみ男と迷いましたが、やっぱり目玉のおやじでしょう。

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる氏は鳥取県の出身ですが、調布市在住で名誉市民!
調布のミニバスは鬼太郎の絵がラッピングされています。

深大寺も変わったものです。

深大寺初詣  東京_b0112443_2034542.jpg

by munan-munan | 2009-01-04 20:04 | 日本 関東
<< 白骨温泉へ行く  長野1 2009年! >>