人気ブログランキング |
<< 空中散歩  イエメン・ホタイブ2 Happy Holidays!... >>
イマームの導き  イエメン・ホタイブ1
b0112443_16415773.jpg

→ 写真を拡大

ちょっと東京のイルミネーションに脱線していましたが、再びイエメン旅に戻ります。

この辺で中だるみ気味を引き締め、さっさと更新?!してしまい、次の国へ移らないと・・・、と思っております。

さて、我がイエメン旅スケジュールはこんなでした。

1日目 ドバイ→イエメンの首都サナアに朝到着。 サナアを徘徊。
2日目 サナア→ワディ・ダハール→シバーム→スーラ→ハバーバ→コーカバン泊
     (すごいハードな移動に見えますが、実際はお互いがとても近い村です)
3日目 コーカバン→マナハ着 マナハ→ホタイブ→ハジャラ→マナハ泊
4日目 マナハ→サナア
5日目 サナア
6日目 朝 サナア発→ドバイ ドバイを半日ほど徘徊後、日が変わった深夜ドバイ発
7日目 夜、日本に無事帰国

結構忙しそうに見えますが、そこまで遠くに移動していないので、実際は各村々、都市でのんびりできました。

さて、3日目、コーカバンを出発してマナハに到着したものの、天気があまり良くなく、街は霧で包まれ、10メートル先は真白。

「インシャ・アッラー」と唱えつつ、マナハから車で15分ほど行ったところにあるホタイブに行ってみました。

すると、日頃の行いが良いのか、霧がみるみるうちに晴れてちょっと天気が好転。

ここ、ホタイブはイスラム教の中でもシーア派のとある宗派にとって重要な聖地のようです。
岩山の上にモスクがあるのですが、イマーム(指導者)であるおじいさんの案内で上に登って行きます。

最初、「イマームがカギを持っていて、彼に開けてもらって中に入る。素晴らしいところだよ!」とサナアでホタイブのことを説明してくれたホテルの人やドライバーに言われていたのですが、別に扉や鍵があるわけではなく、入場料を徴収され、山を登るというシステムのようです。

下の写真はそのイマームのおじいさん。
さて、上にはどんな景色が広がっているのでしょうか。

b0112443_1783244.jpg

→ 写真を拡大
by munan-munan | 2008-12-23 17:09 | イエメン
<< 空中散歩  イエメン・ホタイブ2 Happy Holidays!... >>