「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
太田のネモフィラ
b0112443_21563493.jpg


足利フラワーパークをその1~その3までやってきましたが、近くで芝桜が見れると調べて次に向かったのがお隣の県、群馬県太田市の太田市北部運動公園。

足利フラワーパークのHPで日帰りバスツアーの紹介があって、そのツアー内容を見ると、足利のほかにも太田市の芝桜、館林市のつつじの3か所をめぐりお花三昧というものがあり、参考にさせてもらったのです。

で、芝桜を期待していったら・・・、残念ながら見ごろすぎ。
ほとんどが枯れていました。

でも、隣の丘はネモフィラが植栽されていて、こちらは満開、見ごろでした。

ネモフィラ、大好きなのでうれしい誤算です。

こちらは足利と違って、人もまばら。
のんびりお散歩ができてかなり良かったです。

さてさて、ネモフィラといえば、大御所は茨城のひたち海浜公園。
2年前の5月に訪問した時の写真はこちら

b0112443_21563561.jpg

[PR]
by munan-munan | 2012-05-21 22:06 | 日本 関東
足利フラワーパーク その3
b0112443_2293737.jpg


ゴールデンウィークに行った足利フラワーパークより。
最後の一枚は藤とツツジのコラボです。

藤はしっとり、たおやかな感じですが、ツツジはそのビビッドな色といい花の密集度といい艶やかな感じで、見るこちらにぐぐっとせまってきます。

園内は人で大混雑でしたが、藤だけでなくいろいろな花が咲き乱れていて春を感じさせる一日なのでした。
[PR]
by munan-munan | 2012-05-20 22:34 | 日本 関東
足利フラワーパーク その2
b0112443_21315340.jpg


栃木県の足利フラワーパークより。
写真は、ゴールデンウィークの時の様子です。

前回は定番の紫色の藤だったので、今日は白。
白色の藤を見るのはここでが初めてでした。
紫もいいけど、純白の藤もすてきです。

そして、下は桜色の藤。
こちらもめずらしいですね。

b0112443_21315614.jpg

[PR]
by munan-munan | 2012-05-17 21:41 | 日本 関東
足利フラワーパーク その1
b0112443_21334325.jpg


今日の写真は、栃木県の足利フラワーパークより。
ゴールデンウィークのお天気が良い日を狙って、お花見ドライブです。

高速の混雑を覚悟して朝から出かけたら、首都高も東北道もそんなに混んでいなくて拍子抜け。
そのかわり混んでいたのが、高速インターを降りた後の一般道。
パークへ行くお客さんの車で周辺道路は大渋滞。
結局、高速出口からそこまで遠くないはずなのに、駐車場にたどり着いついたのは出口を出てから1時間以上たってからという始末です。

園内は・・・というと、もちろん車と同じく大混雑でした。
お目当てはもちろん藤!
「お花見をしに来たというよりも、人を見に来たみたいね」と皆口をそろえて言っていました。

それでも、見ごろの藤はたいそう!!!きれいなもんでした。

b0112443_21334057.jpg


こんな感じで、一本の木から枝というか蔓がグングン伸びていて、花が咲き乱れています。
これが自然のものなんだから、すごいの一言ですね~。

b0112443_21333847.jpg


お花がてんこ盛りです。
みごと!

b0112443_21334325.jpg


ここの藤棚は本当に大きくて立派。
周辺はいい香りが漂っています。

撮影日は5月5日です。
この時点ではあと数日後ぐらいで満開かなといった状況でした。
きばな藤という黄色い花の藤が開花していなかったのですが、今見ごろを迎えている頃だと思います。
[PR]
by munan-munan | 2012-05-14 21:37 | 日本 関東
アフタヌーンティー  香港・その4
b0112443_22142084.jpg


香港の旅といえば、楽しみなのが食。
滞在中は朝・昼・晩と何食べようかとばかり考えてたりします。

中華料理はもちろん外せないのですが、香港らしいものということで、行ったのがアフタヌーンティー。
イギリスの植民地のなごりなのか、大きいホテルではラウンジでアフタヌーンティーを提供しているところが多いのです。

写真は、インターコンチネンタルホンコン。
アフタヌーンティー開始10分前ほどに到着したら、眺めの良い窓側の席に運よく座れました。
その後、30分もすると入り口前で行列ができていたので、早めに行くのがおすすめです。

眺めも良いですが、味も良し。
お昼抜きで行ってちょうどいいくらいのボリュームです。

下は香港版アフタヌーンティー、飲茶。
「下午茶」と言いますが、写真は早朝の時間帯。
朝から飲茶、これが結構食べれるし、香港人は新聞片手に家族で来てます。
名古屋人がモーニングに行く感覚でしょうか。

香港、お腹いっぱいです。

b0112443_22142132.jpg

[PR]
by munan-munan | 2012-05-12 22:30 | 香港
香港子連れ旅  香港・その3
b0112443_22381456.jpg


今回の香港の旅行では、友達に会ったり、ご飯を食べたりと、そんなに観光にいそしんでいたわけではなく、あいにく雨が降ることも多かったので、写真は少なめ。

なので、少し子連れ旅についてメモ。

子供を連れての海外旅行はグアムについで2回目。
ビーチリゾートのようにホテルやプールサイドでのんびりというわけにはいかないのが都会の香港。

そんなわけで、ベビーカーに我が娘(当時8ヶ月)を乗せて街をぶらぶら。
ところが、日本と違って、どうもベビーカーの操作がしづらい。

エレベーターやスロープがみつからず、階段しかないということもしばしば。
そして、人が多いので混雑している道路では、すれ違うのに気を遣ったり。

気づくと、あんまり街でベビーカーを押している人が少ない。
そして、そもそもベビー連れをほとんど見かけない。
見かけたと思ったら白人の赤ちゃんだったり。
現地の赤ちゃん、どこにいるの?と言った感じ。
日本だと、ベビールームとかがあり何かと便利なショッピングセンターに行けば、これでもか!ってくらいにベビー連れを見かけるのに。

おそらく、おじいちゃんおばあちゃんやメイドさんが家でお世話している間にお出かけしているのかしら。

なので、おむつ替え台とかは日本より格段に少ない。
少々不便かな。

けど、いいことも。
娘を連れて色々出かけていると皆に大人気。
レストランやお店の店員さんが声をかけてあやしてくれたりする。

日本だと、外出先でうるさくされたりぐずったりすると「周りに迷惑にならないかしら・・・。」とかなり気を使うものの、香港では周りの方がかなりうるさい(笑)ので、おかまいなし。
外食は気軽にできるので、ありがたい。
そして、旦那の要望「香港行ったら絶対足マッサージ」も、店に行き、「子供いるけど大丈夫?」と聞いたらすんなりOKで、二人同時に施術してもらえた。
その間、娘は中国人の店員に中国語で話かけられ抱っこされたりあやされたりしていた。

というわけで、行けばなんとかなるもんだ。
それでも、旅行一日目は娘にとってあまりにも香港の街、人が刺激的すぎたのか、夜は夜泣きが相当ひどく、親子ともども寝不足になってしまったけど・・・。

いい経験ですな。

b0112443_22443566.jpg

[PR]
by munan-munan | 2012-05-09 23:21 | 香港
九龍  香港・その2
b0112443_2112067.jpg


久々に香港で街歩きをしたら、ちょこちょこと変化があった。

九龍側メインのネイザンロード沿いも新しいビルが建っていたり、お店ができていたり。
少しずつ再開発できれいになってきた感じがするも、まだまだ古い高層ビルも健在。

そして、香港らしい匂いも健在。

懐かしさ満載のお散歩なのでした。

b0112443_21121258.jpg

[PR]
by munan-munan | 2012-05-02 21:38 | 香港