「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:韓国( 12 )
近い国  韓国・ソウル12
b0112443_18595661.jpg


3月に行った韓国・ソウル旅の写真より。
細々とUPしてきましたが、今日が最後。

羽田空港が国際化されてから、さらに近い国となった韓国。
飛行機に乗っている時間は帰りだと2時間もないほど。実家に帰るのに新幹線に乗車する時間より短い!と感心しきりでした。
歩いている人は日本人と変わらないし、交通などのインフラも日本と同程度整備されているので、街に出かけてもストレスなし。

約10年ぶりの韓国は変ったようで変わっていないようで・・・。

前回は北朝鮮とのボーダー板門店へ行ったり、ソウルタワーやミュージカルを見に行ったりと観光メインでしたが、今回は食べて、食べて、食べて・・・・・・、合間に街散策&マッサージ&ショッピングといった感じ。

お買い物は、韓国コスメ店が繁華街でかなりの幅を利かせていて、その安さと種類の豊富さに買わずにはおられんでしょ!と色々物色するのが楽しかったかなぁ。

もちろん、食料品も・・・。

そんなわけで、機会があればまた週末旅行にでも出かけたいもんです。
今度は、まだ行ってない済州島とか。

b0112443_1859583.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-06-09 19:16 | 韓国
新羅ホテルで朝食を  韓国・ソウル11
b0112443_18441547.jpg


韓国・ソウルの旅写真より、本日は、新羅ホテルでの朝食ビュッフェについて。

わずか3日間の短期週末旅行だったのですが、食事だけは毎食楽しみに、かつしっかり食べていました。
ごはん食べに行ったような感じくらいに・・・。

で、最後の日の朝は「ちょっと贅沢してみよう~。」と出かけたのが新羅ホテル。
目当ては1階のビュッフェレストラン「ザ・パークビュー」です。

朝食、昼食、夕食と1日3部制でビュッフェをしているのですが、昼と夜はがっつり韓国料理を食べていたのと、ここの宿泊&朝食付を売りにしているツアーを行く前に目にして、「朝食付きが売りって、そんなに絶品な朝食なの??」ということで、朝に出かけてみました。
(もちろん、帰って寝るだけを想定して、別のホテルに泊まっています・・・。いつかは優雅に宿泊してみたいものです。)

b0112443_18441855.jpg


予約せず行ったのですが、大丈夫でした。
案内されてついた席からは上のような景色が。ちょっとあいにくな天気で残念。
店内のインテリアもさすが、素敵です。
お客さんは宿泊客と私たちのような外からのお客さんが半々くらいでしょうか。ほぼ満席です。

b0112443_1844214.jpg


提供されている料理は想像していた以上の種類。
定番のサラダ・チーズ・ハムなどの前菜や温かい料理のほか、ヌードル、おかゆ、飲茶などのの中華、フルーツなどなど、選ぶのに迷うほどどれもおいしそう。

そして、一番楽しみにしていたのが、焼きたてパン。
写真がないのが残念!なのですが、普通のフランスパンや食事パンだけでなく、クロワッサン、スコーン、パイ、パンケーキ、そして焼き立てワッフルまで・・・、今まで経験したホテル朝食で一番の種類の豊富さでした。
パン好きにはたまらんです。

ドリンクもバリスタがいるくらいで、カプチーノとかオーダーできちゃいます。(時間がかかるので並んでますけどね。)

どれも美味しく、ゆったりと食事できました。おなかは破裂しそうでゆったりしていないですが。
昼&夜はどんな感じなのでしょうか。気になるところです。


b0112443_18442383.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-06-03 19:16 | 韓国
韓国スイーツ  韓国・ソウル10
b0112443_18515220.jpg


韓国・ソウルの旅写真より。
仁寺洞を散歩中。

10年以上前に韓国へ旅行に来た時は日本語があんまり通じなくて、コミュニケーションを取ろうとすると英語で話すことが多かったのですが、今回行った時は明らかに様子が違っていました。

ソウルの中でも特に韓国客が多い街、店ではかなりの確率で日本語がしゃべれる人がいてちょっとびっくり。
しかもこれがかなりうまかったりするのです。

たまたま出会った韓国に留学に来ている日本人の男性に話を聞くと、日韓ワールドカップを機会に日本語を勉強する人が増えたようで、韓流ブーム→日本人観光客UPも相まって、日本語対応OKの店も増えたとのこと。

そういえば、香港の大学で中国語を勉強していた時も、韓国人の若者(大学生)がたくさん留学に来ていて熱心に中国語を勉強していたなぁと思いだしました。
韓国語+英語+もう一言語を勉強している学生が多いと本人たちから聞いて、「日本人負けてるぞ~。」と思っていたのですが、ここソウルに来ても「韓国人、すごいわぁ。」と感心してしまったのでした。

で、仁寺洞を歩いていると、赤い服を着た観光客向けボランティアの若い子たちがいて、私たちが地図を広げていると、

「何かお困りですか?行きたいところ見つかりますか?」
と流ちょうな日本語で話しかけてくれるではありませんか!

これまた感心。

というわけで、「この近辺でスイーツのお勧めは?」と聞いて教えてくれたのが上の写真の屋台。
薄い生地の中に甘い餡が入った揚げまんじゅう。
餡は小豆でなく、何だろう、くるみ&黒砂糖みたいな餡かなぁ。

寒かったので、あたたかい&甘さが身に沁みました。

b0112443_18515420.jpg


こんな風に路上でも昔からあるようなおかしを売ってます。結構おいしい。

b0112443_1852850.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-05-30 19:11 | 韓国
ぷらぷら  韓国・ソウル9
b0112443_220879.jpg


韓国・ソウル旅より。

歩かないとお腹が減らない→次のご飯がおいしく食べれない!
というわけで、ぷらぷらお散歩しながら面白いものはないかなぁと物色。

写真は仁寺洞のメインストリート。
骨董品店があるかと思いきや、「ザ・お土産や」という店があったり、ちょっと脇に入ると雰囲気ある居酒屋さんがあったり。

行くところ行くところ観光客といえば日本人ばかり見てきたのですが、ここは他の外国人観光客の姿も。そして韓国の若い子たちも街歩きしてます。

若い子達が足を運んでいたのが、サムジキルというショッピングモール。

四角い建物の中央が吹き抜けの広場になっていて、広場を囲むように小さいお店がたくさんあります。
お店を端から順に見ていくと、店に面した通路がゆるやかなスロープになっているので、知らぬ間に2階3階へと誘導されているという変わった構造をしています。

そんなデザイン性の高いビルのせいか、入っているお店も個性的なデザインやアート的な商品を扱っているところもちらほらありました。

お土産さがしにいいかもしれません。

下の写真はそのビルの上階から下界のメインストリートを撮影。
道路いっぱいに商品を出しているのは老舗っぽいお土産雑貨屋さん。

b0112443_2201222.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-05-26 22:21 | 韓国
参鶏湯!  韓国・ソウル8
b0112443_2026627.jpg


韓国のソウル旅より。
今日は写真というより、ごはんレポートです。

辛い料理が好きな我が家にとって、韓国滞在中のご飯は何を食べても大満足なのですが、辛くない&赤くない韓国料理もなかなかのもの。

そのうち、行ったら食べたくなるのが参鶏湯!

今回はガイドブックに載っていた観光客&地元の人に人気という参鶏湯のお店に行ってみました。
上の写真のとおり、お店の名前は「土俗村参鶏湯」

土曜日のお昼に行ったのですが、予想どおり、店の前は大行列。
ちょっと、お昼の時間にしては早いかな~という時間に行ったのにもかかわらず・・・、です。
並んでいる人は韓国人・日本人・白人と色々な人たち。

普段、並ぶのはあんまりな性質なのですが、回転が早そうなので、行列の一味に加わります。

b0112443_20261087.jpg


店内は広く、部屋がいくつもあり、靴を脱いでテーブルにつくスタイルです。
お客の目当ては参鶏湯なので、皆それを注文。
メニュー表が見当たりませんでした。

そのほかにもチヂミや鶏のグリル焼??(から揚げ??)みたいなのもあるようですが・・・。

b0112443_2026920.jpg


待つことしばし・・・、運ばれてきました!
白濁のスープ。

思った以上に濃厚でクリーミー。
なんでこんなに出汁がでるの????といった感じです。

美味しくいただきました。
若干塩分が濃いですが、体にも良さそうです。

というわけで、トウガラシの入っていない赤くない韓国料理もまた格別なのでした。
[PR]
by munan-munan | 2011-05-23 20:43 | 韓国
守門将交代式  韓国・ソウル7
b0112443_2113987.jpg


韓国・ソウルの景福宮より。

光化門でやっていた守衛の交代式ですが、門をくぐると、中の広場でも同様の儀式が。

中と外の人が入れ替わっている?
儀式の途中でアナウンスがあり、日本語でも解説してくれているのですが、イマイチ聞きとりずらかったので、詳細は分からず。

上の写真は門の裏側。建物はとても新しく、その文様がとても鮮やか。

b0112443_2114254.jpg


ごつい体型の守門将に混じって、楽器を奏でる女性の人たちも。

b0112443_2114562.jpg


というわけで、食べてばかりのソウル旅なのですが、しばしの間、儀式見物を楽しんだのでした。
[PR]
by munan-munan | 2011-05-18 21:12 | 韓国
光化門  韓国・ソウル6
b0112443_23141910.jpg


韓国の旅写真より。

たまたま通りかかった景福宮の光化門前で、守衛の交代の儀式をやっていました。
伝統的な宮中文化の再現イベントとしてやっているらしく、歴史資料をもとに忠実に再現されているそうです。

カラフルな衣装に目がとまり、しばし見学。

b0112443_23142441.jpg


守衛の方々は結構背丈があって、しかもがっしり体系。
「まさに韓国男子だわ~。」と夫婦二人で眺めていたのでした・・・。

b0112443_23142696.jpg


というわけで、門の外のほかに中の広場でも同様に交代が行われていたので、次回はその様子を。
[PR]
by munan-munan | 2011-05-13 23:26 | 韓国
景福宮  韓国・ソウル5
b0112443_23343798.jpg


お休みしていた韓国・ソウルの旅写真より。
前回までの様子はこちら

さて、伝統家屋が残る北村韓屋村を散歩し、三清洞ギルを経由してやってきたのが、景福宮。
主な観光地は以前訪問した時に行っているので、中の民族博物館で休憩しつつ、今回は中をするっと通るだけです。

てくてく歩いている本当の目当ては、景福宮の先にある参鶏湯屋「土俗村」でランチをすることにあり・・・。

下の写真は光化門の近くのところで撮影。
ガラス張りのビルの隣に昔の建物が建っているあたり、どことなく東京に似ていると感じます。

光化門の前と中の広場でちょうど衛兵交代みたいな儀式をやっていたので、しばし見学。
次回はその様子を・・・。

b0112443_23344043.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-05-10 23:44 | 韓国
昔ながらの街並み  韓国・ソウル4
b0112443_2110238.jpg


前回は韓国ご飯の話だったのですが、今回は観光について。

ソウルは昔、訪問した際に色々観光名所を回ったので、今回は行っていない場所を中心に出かけてみました。

写真は北村韓屋村より。
景福宮と昌徳宮の間に挟まれた韓国式の伝統家屋がたくさん残っているエリアです。

ギャラリーやちょっとした博物館があり、少し歩くと、ドラマ「冬のソナタ」の舞台になった高校もあったりします。

b0112443_2110512.jpg


家の中を少し拝見。
中庭があり、それを囲んだ形で建物があります。
中国の四合院のような造りっぽいですね。

b0112443_2110725.jpg


外壁。
やはり、日本のお隣の国だけあって、色遣いなどは似ています。

3月の初めでも外は寒くて寒くて、すたすた歩いていたのでのんびりお散歩というわけには行きませんでしたが、なかなか素敵な街並みなのでした。
[PR]
by munan-munan | 2011-04-12 22:12 | 韓国
韓国ごはん、満腹・・・。  韓国・ソウル3
b0112443_1820330.jpg


韓国、ソウルの旅より。
上の写真は三清洞にあったカフェ。

なかなかおしゃれなたたずまい。このあたりはこういった「入ってみたいなぁ。」と思わせるカフェやバーがたくさんありました。

中国なんかだと、コーヒーが飲めるちょっとしたカフェが少ないので、歩き疲れた時に入る店を探すのがなかなか大変なのですが、韓国は日本と同じくらい多いかも。コーヒーを提供するチェーン店もたくさん見かけました。

カフェが充実しているソウルで、デザートも色々試してみたかったのですが、そんなに利用しませんでした。

というのも、滞在中朝・昼・晩とがっつり食べているので、歩いても歩いてもなかなかお腹が減らない・・・。
ま、今回の旅はどちらかというと、「韓国ごはんを食べに来た。」といっても過言ではないのでそれはそれでよいのですが。

b0112443_1820525.jpg


初日、お昼に到着してホテルにチェックイン後、真っ先に行ったのが、上の海鮮ビビンパが食べれるお店。
小公粥屋(中区北倉洞86-1)

とても小さなお店で、メインはおかゆ料理。

ホントはエビやカキ、数の子やいくら、トビコなど海の幸がきれいに&たっぷり上にのったビビンパなのですが、机の上に置かれた途端に、周りの韓国人のお客さん、店員さんが

「早く混ぜなさい~~~。」と身振り手振りで指導するもんだから、写真を取る前に混ぜてしまいました・・・。

このビビンパが絶品。
ご飯を海鮮の出汁がきいたスープで炊いているみたいで、ビビンパというよりも釜めしみたいなお味でした。

b0112443_1820727.jpg


同じお米系料理でも、こちらはおかゆ。
前の日の晩にがっつり焼肉を食べたので、朝ごはんとして選んだのがあっさりおかゆ。

お店:味加本(明洞)

ここのおかゆ屋さん、行ってみると朝から行列で、お客さんの大半が日本人観光客でした。
どのガイドブックにも紹介されているらしく、皆それを見てやってきているようです。私たちもそんな観光客の一人。
ソウルにいてソウルにあらず。

美味しいです。小皿のキムチもぱくぱく、塩分とりすぎです。

b0112443_18204830.jpg


いい写真ではないけど、やっぱり韓国ごはんといえば焼肉!!!

私はお肉の脂身がとても苦手で、豚バラ肉なんかはお好み焼きを作る時以外はめったに購入しないのですが、韓国の豚肉(ちょっと脂がのったやつでも)はとてもうまい!

しかも、野菜や韓国味噌、いろんな種類のキムチと一緒に食べるとあっさりと食べれます。

写真の中で焼いているのは豚の首の部位。(豚トロ??)

旦那も普段は牛肉>>>>>豚肉という好みなのですが、牛肉と豚肉の焼肉を両方食べてみて、「意外に豚肉がおいしい。」と言っていました。
しかも、かなりリーズナブルだし。

お店:王妃家(明洞)

ふう、UPしただけで、お腹が膨れてきました。
[PR]
by munan-munan | 2011-04-09 18:54 | 韓国