「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:メキシコ( 39 )
夜景  サンクリストバル・デ・ラスカサス17
b0112443_20485378.jpg


久々にメキシコ旅より。

確か前回は・・・、サンクリストバルの近郊にある先住民村、シナカンタンとチャムラ村の訪問→サンクリストバルのマーケットとチアパスの工芸品や土産品についてでした。

サンクリストバルは歩くだけで楽しいという街だったので、去りがたしなのですが、マーケットでのお買い物も終わり、日も落ちて夜に。

明日は再び国境越えバスに乗車、グアテマラへ戻るため、メキシコ滞在の最後夜。

ふらふら散歩をしつつ、最後の晩餐ということで、チアパス料理を食べました。

昼間はカラフル色のポップな雰囲気の街、夜もライトアップがきれいです。

そんなわけで、次回からは再グアテマラ。

b0112443_21121624.jpg


おまけ―チアパス料理
[PR]
by munan-munan | 2010-04-20 21:28 | メキシコ
チアパスの服  メキシコ・サンクリストバル・デ・ラスカサス16
b0112443_22413086.jpg


前回に引き続き、メキシコのサンクリストバルの露天マーケットより。

この露天マーケットでは、チアパスらしい服がお土産品として売られている。
それが、上の写真の白い綿の生地にかわいい刺繍がほどこされたブラウスやワンピース。

春~夏にかけて、日本でも着れそうなデザインなんだけど、サイズとか形がややずんぐり大きめなんで、選ぶのに一苦労。着てる服の上から試着させてもらって一つ購入。

サンクリストバルでは実際に着ている人を見かけなかった(朝晩はこんなのを着れるほど暑くない。)けど、チアパスの別の街では着ているのだろうか。

刺繍といえば、洋服だけでなく、クッションカバーやタペストリー、ランチョマットなどなど、雑貨の方も色々バリエーションがあるので、選ぶのが楽しい。

そして、下はお土産の定番、Tシャツ。
ここでは、前にもちょっと紹介したEZLN(サパティスタ民族解放軍)をモチーフにしたTシャツが多い。

b0112443_22502756.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-04-11 22:52 | メキシコ
チアパスの民芸品  メキシコ・サンクリストバル・デ・ラスカサス15
b0112443_23213184.jpg


昨日の予告どおり、今日はメキシコのチアパス州の民芸品より。

サントドミンゴ寺院の隣がちょうど露天マーケットになっていて、暗くなるまでお店がたくさんでています。
なんでも屋は少なく、服屋でも刺繍服を扱う店、ウールの服を扱う店、Tシャツ屋と分かれていたり、雑貨も種類ごとに店が分かれています。

ぐるぐる迷路のように歩いていると、ホントに色鮮やかなモノが多いこと!

グアテマラもそうだったけど、メキシコも負けてません。

で、民芸品の宝庫、グアテマラ産のものを如何にも「メキシコの民芸品よ~。」みたいな感じで売っているのもたまに見かけるのですが、「おー、チアパス産だ~。」というのを見かけるとここまでやって来た甲斐があるもんです。

上はぶかっこうだけど愛らしい姿のフェルトぬいぐるみと刺繍雑貨。
以前の記事、こちらでも紹介したことがあります。

そして、下は派手派手ひまわりモチーフのパッチワーク。

見ていたら元気になるような色、姿ですね。

b0112443_2339884.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-04-09 23:39 | メキシコ
靴磨き サンクリストバル・デ・ラスカサス14
b0112443_19595736.jpg


メキシコのサンクリストバル・デ・ラスカサスより。

街の名前が長いのので、サンクリストバルと省略。

さてさて、サンクリストバルでもマーケットはあります。
一つはソカロの南へ数ブロック行ったところにあるサントドミンゴ寺院の近くにある室内マーケット。
建物には小さなお店がたくさん入っていて、お土産選びに困りません。

けど、グアテマラからやってくると、「グアテマラから持ってきてるなぁ~。あっちで買った方が安くていいわ。」というモノが目について私は困りました。

それでも、メキシコ・チアパスらしいお土産はあります。

サンクリストバルで行ったもう一つのマーケットがサントドミンゴ寺院のそばで開かれている露天市。
こちらの方が、先ほどの室内マーケットより安いのと、地元産?!のモノが多かったように思います。
サントドミンゴ寺院の観光をしながら、マーケット散策を。サントドミンゴ寺院の写真は以前UPしたこちらをどうぞ・・・。

写真はそのマーケットの近くの雰囲気。
おじさんが優雅に靴磨きをしてもらってますね。

次回はチアパスらしい物産を紹介・・・。

b0112443_2021583.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-04-08 20:25 | メキシコ
EZLNとマヤカレンダー  メキシコ・サンクリストバル・デ・ラスカサス13
b0112443_19492541.jpg


今日はメキシコのサンクリストバル・デ・ラスカサスより。

チャムラ、シナカンタンのツアーは半日ちょっとで終わり、サンクリストバルへ戻ってくるので、再びふらふら街歩き。

街を歩いていて良く見かけるのが、”EZLN”という文字や、頭から黒い布をかぶり、目だけを出した女性の絵。
お土産用に人形が売っていたり、Tシャツまで売っていて、キューバやチェ・ゲバラを連想させるような黒、赤といった色使いと★印のマークを見るたびに、??と思っていたのだけど、本を見ると先住民主体のゲリラ組織のようだ。

上の写真もその絵のひとつ。
サパティスタ民族解放軍というそうだ。
メキシコ南部のチアパス州で1994年1月1日に武装蜂起した先住民主体のゲリラ組織で、ラカンドン密林を拠点に闘争を続け、貧困のままに放置された先住民の人権が守られるような政治の体制変革を主張しているとのこと。
一帯に住むマヤ系の先住民は大農園に低賃金で雇われ、スペイン語を話せないことから先祖代々の土地を大企業に奪われるなど、歴史的な不公正や非人道性が背景にあるらしい。
2003年8月にはチアパス州に30の自治区を設け、5つの統治評議会を立ち上げ「反乱ラジオ」の放送を開始するなど、ほんとつい最近に活動していたみたい。

そして、もうひとつ良くみるのが「マヤカレンダー」のモチーフ。
下の写真はカフェの軒先だったと思う。

そういえば、DVDレンタル屋にいったら、映画「2012」がもうレンタル開始されていた。
その時は借りなかったんだけど、マヤカレンダーつながりということで、いつか見よう。

b0112443_2015994.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-04-03 20:02 | メキシコ
青のポンチョ  メキシコ・シナカンタン2
b0112443_20302895.jpg


昨日に引き続き、メキシコのシナカンタン村より。

持っている本のシナカンタンの説明によると、

「ツォツィル系の先住民村。まず目に飛び込んでくるのは色鮮やかな民族衣装。村の女性の手作りによる赤を基調とした服装はこの地方の花がモチーフとなっていて美しい。」

とある。

なんだけど、私が村で見かけたのは主に鮮やかなブルーのポンチョや上着を着た女性。
下は紺色のスカートをはいていることが多い。

群れだって歩いている人々が皆同じような美しい色の服を着ていると、ついつい目を奪われる。

写真は訪問したお宅で。
チャムラではガイドから写真撮影禁止令が出ていたんだけど、こちらはまだ大丈夫のようだった。

女の子がとてもかわいい!

b0112443_20361266.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-03-31 20:36 | メキシコ
シナカンタン村  メキシコ・シナカンタン1
b0112443_21494380.jpg


メキシコのチアパス州にある、シナカンタン村より。

サンクリストバルからは10キロちょっと行ったところにあり、大変近いのだが、こちらもチャムラ村と同じく、先住民村ということで、村を歩く人たちの格好がサンクリストバルとは違う。

立ち寄ったのは、村の一軒のお宅。

家に入ると、儀式の部屋があって、その奥は・・・、お土産売り場でした(笑)。

こちらも鮮やかな手織り布、刺繍、雑貨などが売られており、みな見学&お買いもの。
さらに奥の部屋ではメキシコの名物、トウモロコシの粉で作ったトルティーヤを実演で焼いていて、黒いトウモロコシのトルティーヤを初試食。

伝統的な食べ方ということで、かぼちゃの種の粉(だったと思う)やチーズ、豆など好きな具を巻いて食べる。

出来たては温かくておいしい。とくにトルティーヤの焼きたては香が良い。

b0112443_21555647.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-03-30 21:56 | メキシコ
手作り亀  メキシコ・チャムラ4
b0112443_2035271.jpg


メキシコのチアパス州、チャムラ村より。

チアパス州は手作り工芸品がお土産としてたくさん売られていて、上の写真のフェルトで作ったぬいぐるみもよく見る雑貨のひとつ。

色とりどりの亀はどれ一つとっても同じものがないほど手作り感あふれていて、ぱっと見るとブサイクなんだけど、だんだん愛着がわいてくる姿がなんともいえない。

教会の見学が終わると自由時間がもらえたので、市場をぷらぷらしていると男の子が寄って来て、亀ぬいぐるみの営業。

旦那が2つ購入。

無事、日本に入国して我が家に鎮座している。

b0112443_20522524.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-03-29 20:52 | メキシコ
教会  メキシコ・チャムラ3
b0112443_2119089.jpg


メキシコのチャムラ村より。

写真は村の中心にある教会。
サンクリストバルでも色々な教会を見てきたけど、ここの教会はまた違った趣。

おもちゃの教会のようなかわいらしいたたずまいで何とも言えない感じ。

中は、昨日紹介した儀式のお部屋と同じく、地面に松の葉が敷き詰められており、ろうそくの炎がゆらゆら、煙がもくもく。

下の写真は教会の前でお土産を売っていた女の子。
手に持っているお手製の編みベルトがかわいかったので、ひとつ購入。

グアテマラもそうだったけど、メキシコのチアパス州も手工芸品がかなり多くてお土産はよりどりみどり。
ついつい買ってしまう。

b0112443_21491378.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-03-28 21:49 | メキシコ
儀式の部屋  メキシコ・チャムラ2
b0112443_2257595.jpg


メキシコ、チアパス州の先住民村、チャムラ村より。

現地発ツアーに参加しての訪問なのだが、ガイドさんは何度も観光客を連れて行っているので、村の人達とは顔見知り。

そして、「知り合いの女性が伝統的な宗教儀式を守り続けている。」とのことで、その儀式をする場所を特別に見学させてもらった。
上の写真がその部屋の入り口。

中に入ると地面は一面松の葉がしきつめられていて、煙がもうもうとしている。

チャムラの村人は伝承宗教とキリスト教が融合したとても特徴的な宗教を信仰しているようで、英語で色々説明を受けるのだが、かなり理解するのが難しかった・・・。

太陽崇拝や農作物(とうもろこし)の話などなど。儀式にトウモロコシのお酒を使用するそうで、試飲もさせてもらたけど、かなりのアルコール度数!火がつきそうなほどだった。

部屋の中は煙のせいでうまく写真がとれなかったので、代わりに別の似たようなトコロでとった写真を。
下の写真のように、祭壇があり、長いと一晩中お祈りなどの儀式が続くそうだ。

b0112443_22572651.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-03-27 22:59 | メキシコ