カテゴリ:日本 関西( 27 )
秋の奈良公園と鹿のふん事件
b0112443_22271362.jpg


今年もあと2日。
さぼり気味だったので、せめて今年最後に更新を・・・。

写真は今年の秋の奈良公園。
娘を連れて実家に帰省した際に訪問。

歩けるようになったら、奈良公園デビューしたいなぁ・・・と思っていて、やっと実現です。
ちょうど動物に興味を持つようになっていたので、間近で見れるチャンスだわと楽しみに行ったのでした。

b0112443_22271463.jpg


上の写真は奈良公園の中でも大好きな飛火野エリア。
開けた景色で遠くには山が見えるいいトコロです。

ここで、娘をベビーカーから放ってみると、広々とした解放感からかちょろちょろ歩行開始。
私が写真を撮ったりと目を離したすきに、何か拾ったらしく、両手に何かを持って、「ママ~~。」と駆け寄ってくる。
良く見ると・・・、両手の親指と人差し指でつまんでいるのは丸っこい鹿のふん!

あちゃ・・・、やってしまった。

公園で葉っぱ、石、枝なんかを拾うのが大好きなので、いつものようにやっているつもりなんでしょうが。
モノが違うよ、モノが。

景色は良いのですが、足元の鹿のふんの多さが唯一の難点か。

b0112443_222716100.jpg


期待していた鹿がこの日はなぜか飛火野にはいなかったので、移動。
10月末なのですが、さすが盆地で寒い奈良、すでに紅葉が少し始まっています。

b0112443_22271766.jpg


そんなわけで、久々の奈良公園を堪能。
娘もお散歩を楽しんでいましたが、てくてく小さな鹿に近づいていくと、普段はおとなしいはずなのに威嚇されてトラウマになったのか、その後はあんまり鹿には近寄ろうとせず、怖がっていました。

鹿のふん事件といい、少しほろにがデビューとなったのでした。
[PR]
by munan-munan | 2012-12-30 22:49 | 日本 関西
京都 小旅行 その7
b0112443_1844525.jpg


京都旅の写真より。

学生の頃まで関西で過ごし、京都の大学にも通っていたのですが、若いころってお寺とかに興味がなく、今思うとあんまり行かなかったなぁと・・・。

で、”いかにも京都らしい”という神社、伏見稲荷大社も、テレビや雑誌では見たことあっても行ったことはなかったので、今回初参拝。

嵐山からJR京都駅を経由してJR稲荷駅へ。

この駅、駅からして神社風なんです。柱が鳥居のように朱色をしていたり。
駅を出てすぐ参道が始まります。

上の写真は有名な千本鳥居。
これでもか!ってくらい狭い間隔にずらずらと続いていて、鳥居のトンネルになってます。

歩いているとちょっと不思議な感覚になるのは気のせい?空気が他とは違うような感じです。

このトンネルを抜けると、さらに稲荷山の入り口が待ち受けていて、鳥居のトンネルはさらに続きます。

当時、かなりお腹が大きくなった妊婦だったので、山を登るのは断念。
どうやら、鳥居の数は1万ほどらしい。

というわけで、嵐山&お稲荷さん観光の1日なのでした。

下の写真は嵐山で見かけた観光舞妓さん。(観光客が舞妓さんに変身できるやつです。)
私のような一般人がホンモノの舞妓さんを見ることができるのはなかなかないもんです。

b0112443_1844754.jpg


おまけ~ きなこラテ
[PR]
by munan-munan | 2011-08-22 19:04 | 日本 関西
京都 小旅行 その6
b0112443_2125993.jpg


京都、嵐山より。

天龍寺から竹林の遊歩道を歩き、野宮神社へ。
縁結びの神社のためか、また、GWの休日だったためか、カップルであふれかえっていたので、参拝はパス。
渡月橋のある川辺まで出てきました。

渡月橋の橋の上はこれまた人があふれかえっており、川にもボート遊びを楽しむ観光客でいっぱいだったのですが、上流付近はのんびりムードです。

b0112443_213166.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-08-19 21:11 | 日本 関西
京都 小旅行 その5
b0112443_1932880.jpg


今日の写真も京都の嵐山より。

前回、たけのこがにょきにょき生えている天龍寺の庭(山?)の写真をUPしたのですが、上の写真は天龍寺から歩いてすぐのところにある竹林より。

よく京都の観光写真とかにも使われている竹林の遊歩道で、嵐山に来たことはあったのですが、ここを歩いたのは初めてでした。

京都っぽい雰囲気のためか、観光客が結構歩いています。

そういえば、竹って日本人になじみの深い木ですが、こんな立派な竹林の中を歩くのはなかなかないかも。
木漏れ日が心地よいです。

さて、嵐山といえば、豆腐料理!
天龍寺の向かいにある「嵯峨とうふ 稲」というお店で、湯葉&豆腐料理のお昼ご飯。

そうそう、豆腐もおいしいけど、ここのわらび餅がうまかった!!!!
人生で一番のわらび餅なのでした。

b0112443_1933185.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-08-16 19:20 | 日本 関西
京都 小旅行 その4
b0112443_18101993.jpg


前回に引き続き、京都の嵐山にある天龍寺より。

写真は、広い庭園を散策中に撮影したものです。

上の写真は、初めてみた黄色のツツジ。
よく見るのは白、ピンクのものですが、この色は珍しのでは・・・。
やわらかい淡い色がきれいです。

そして、下は竹林にはえる筍!
にょきにょきあちこちに生えているのを久々に見て、思わずパチリと撮ってしまったのでした。

京都の中心部から電車ですぐ近くの嵐山ですが、緑豊かな自然があり散策にはもってこいです。

b0112443_18102380.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-08-09 18:15 | 日本 関西
京都 小旅行 その3
b0112443_19355518.jpg


前回に引き続き、京都の嵐山にある天龍寺より。

お寺の拝観もなかなか良いのですが、このお寺は庭がとっても素敵です。
和を感じさせる花がきれいに植栽されていて、見応えがあります。

私が訪問した5月のGWの時は、新緑の季節で、緑の木々がきれいだったほか、写真の芍薬が見頃でした。

大輪の花は色も鮮やかで、とてもゴージャス。
自然のものとは思えない姿なのでした。

b0112443_19355870.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-08-03 19:44 | 日本 関西
京都 小旅行 その2
b0112443_19185852.jpg


京都嵐山の天龍寺より。

境内は結構広く、庭園もきれいに整備されていて、”京都”、”和”を感じながら散策できます。
訪問は今年のGWだったので、人が結構いましたが、平日の静かな時にゆっくり訪問するのもよいかも。

上下の写真、方丈という建物はとても大きく、中央の部屋は48畳の広さだとか。
時代劇に出てきそうなお部屋でした。

次回はきれいな花が咲いていた山内の庭より。

b0112443_1919066.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-07-31 19:36 | 日本 関西
京都 小旅行  その1
b0112443_18414548.jpg


今年の梅雨明けはいつもより早く、明けたと思ったら連日猛暑で・・・。
ちょうど出産入院から退院した日から「今って6月だっけ??」という暑さだったので、さすがに体力が衰えている身には応えてます。

けど、台風が来てから過ごしやすくなったかなぁ。30度だと涼しく感じるくらいです。
慣れとは恐ろしいもの。

今日の写真はGWに実家に帰省した際に寄った京都より。
ずっとUPしようしようと思いつつ、今になりました・・・。

学生まで関西に住んでいたので、関西方面へ行くのは旅行というよりは、「久々に帰って来た」という感じが強いのですが、京都を訪問するとちょっと小旅行気分になります。

さすが、観光地だけありますね。

今回は、学生の時以来の嵐山訪問。

GWだけあって、午前中は空いていた街も、午後からは観光客であふれんばかり。
けど、大震災の影響か、いつもは京都でたくさん見る外国人観光客の姿がほとんど見られないのには、少しさびしい気分でした。

写真は、足利尊氏、後醍醐天皇にゆかりのある天龍寺。
訪れて知ったのですが、世界遺産に登録されているそうです。

下の写真、曹源池庭園で有名です。
建物から庭園を望むと、心なしか気分が和みます。
写真でみると秋は紅葉がみごとでした。

というわけで、次回も京都小旅行より。

b0112443_18414710.jpg

[PR]
by munan-munan | 2011-07-26 20:01 | 日本 関西
人気者の鹿  奈良3
b0112443_2037245.jpg


今日は奈良公園の鹿。
毛並みがつやつやしていてかわいい。

修学旅行生をはじめ、おじさま&おばさまのカメラ愛好家、若いカップルなど、公園に来ている人達から絶大な人気を得ていて、ちょっと群れが集まったところでは人も群れているという構図。

よくこちら(関東)で、「奈良出身」というと、必ず言われるのが、「修学旅行で鹿にせんべいをあげた。」という話。
奈良というと1に大仏、2に鹿で、思い出は必ず「修学旅行」のようだ。

確かに、大阪や京都には大人になってから旅行や仕事で行く機会はあっても、奈良はよほどの用事がない限り足を向けることはないというのが現実らしい。
しかし、小さい頃の旅の思い出は良いイメージであることが多く、関東の人には「奈良、いいねぇ。」と言われる。(イメージ先行で詳しく知らないんだけど。)

で、関西人にとってはどうかというと、「奈良」はどこかマイナーなイメージ&大阪のベットタウン的な位置づけで、まったくもって存在感がない。
昔、JR西日本が谷村新司の歌で「三都物語」と銘打って観光キャンペーンをTVCMでやっていたが、三都とは大阪、京都、神戸。

古都があった奈良ではない・・・。

それでも、今年は「納豆食べて平城京」と語呂あわせでおぼえた710年から数えて1300年の節目の年。

平城旧跡なんて人影も見かけない原っぱだったのが、電車の窓から眺めていると、観光バスが何台も止まっていて、暑いなか大勢の人が散策していたからびっくり。

ちょっとは盛り上がっているらしい。

b0112443_20434415.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-06-22 21:09 | 日本 関西
奈良公園とならまち  奈良2
b0112443_19194781.jpg


前回に引き続き奈良より。

写真は定番の観光スポット、奈良公園とならまち。

久々に奈良公園に行ったら、緑がきれいな初夏の季節のせいか、「こんなに公園きれいだったっけ?」と思ったほどでした。

今回は行かなかったのですが、春日大社へ向かう参道なんかも、今の時期いいかもしれません。
今流行りのパワースポット的雰囲気があります。

下のならまちはお寺や奈良公園といった古くからある観光地とはちょっと違い、最近の観光地でしょうか。
古い町屋を保存して、カフェや雑貨屋などが点在しています。
私が小さかった頃は「ならまち」なんてあんまり聞きませんでした。
古い町並みといえば、南の橿原市今井町のほうがよく聞いたくらいです。

さて、一度は泊まってみたい!と思っているのが奈良ホテル
実家があるので、その必要はないのですが、それでも泊まってみたい風格あるクラッシクホテルです。
上の写真のすぐそばにあります。

ホテルHPを見ると、過去に泊まったお客様として上げられている名前が錚々たる方々。
アインシュタイン、チャップリン、ヘレンケラーにオードリーヘップバーン、そして中国のラストエンペラーやダライラマなどなど。

うーん、歴史ありますね。

b0112443_19313891.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-06-21 19:32 | 日本 関西