カテゴリ:インド( 28 )
インド門と体調崩壊・・・。 インド・ボンベイ
b0112443_22571562.jpg


写真はインドのボンベイ(ムンバイ)のインド門。
英国王の来印を記念して、港に面して建立。すぐ近くは海が広がっています。

ここは港町の雰囲気がたっぷり。
そして、デリー、ヴァラナシと周ってボンベイに南下してくると、人がまったく様変わり。
この変化にはびっくりでした。

どういう変化かというと、インド北部にいると、ああだこうだとしつこく付きまとうインド人が多いのですが、こちらはそれがまったくなし。
ボンベイで仕事があった旦那と別行動で、一人ふらふらと街を徘徊していたのですが、デリーなどとはうって変わって、誰も話しかけてきません。歩いていても良い意味でほっとかれます。

これは楽です!

で、インド門に到着して、インド人にやっと話しかけられたと思ったら、
「一緒に写真を撮ってください!」
なるお願い。
そんなに日本人がめずらしかったのか・・・。

いい街なんですが、苦い思い出も。
それは、ヴァラナシで良くないものを飲んだおかげで体調崩壊。
おそらく原因は前日の朝食で飲んだラッシー(ヨーグルト風味の飲み物)。
旦那はピンピン仕事に出かけたのに、私だけだんだん調子が悪くなってきたのは、私だけが口にしたものが原因なわけで、それを考慮すると、どう考えてもあのラッシー!!

インドで悪いものにあたるといかに恐ろしいことになるか、痛いというほどわかりました。

最初は気分よく街を散策していたものの、なんだか歩くのもしんどくなってきて、ホテルへ一旦引き返すことに。

その後は・・・、立っていられないほどの発熱。しかもむかむか気持ち悪い。
しかも旦那はそんなことになってるとは知らず仕事中。
ホテルで一人うなって倒れていたのでした。

で、ベッドメーキング&お掃除にたまたま男性が部屋に入ってきたら、尋常ならない私の姿に
あわてて、今の気分や状態がどうか質問攻め。

「熱があるみたいだから、病院に連れて行ってあげる。」との提案。

しかし、頭が回らない中でも「明日は日本へ帰国する日だし、変な病院に連れていかれたら・・・。」という心配はちゃっかりしていて、丁重にお断り。

しかし、とても親切にその後薬を買ってきてくれたのでした。

これを飲んだら、びっくり!
汗をびっしょりかいた後、旦那がホテルに戻ってきた夕方には熱があれよあれよという間に下がっていたのでした。

なんだ、もう治った治ったと、とたんに調子が良くなり、インド滞在最後の夜ということで、ちょっと良い店へシーフードディナーに出かけたのでした。
(この辺が食い意地がはっているのでしょう。)

しかし、食べた後が悲惨。

また症状がぶりかえしたのでした。しかも数倍になって。

下痢、嘔吐、発熱のトリプル苦。

その日の夜はつらくて寝れないまま、早朝のフライトのため這いつくばって空港へ。
どのように飛行機で過ごしたのか、記憶にありません。

はぁ、私も御多分にもれず、インドの洗礼を受けたのでした。
ちなみに、旦那は「学生の頃、インドでやられた時の免疫が残っている。」というホントか嘘かよく分からない理由で、今回もその後のインド出張でも体調を崩すことはなし。

私は、逆にインドでお腹に悪い虫をもらったような気が・・・。なんだかその後胃腸が弱くなった気が・・・。
恐ろしやインド。

というわけで、掲載できるようなボンベイの写真はこれのみ。
インド旅行の話も終了。

「終わり良ければすべて良し」といいますが、「終わり悪くてもなんだか憎めない国、インド」というのが、私の感想です。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-20 00:00 | インド
何はともあれガンジス川  インド・ヴァラナシ23
b0112443_1952812.jpg


ずっとしつこい?くらいインドのヴァラナシの写真を更新してきましたが、
今から思い返しても、やはりヴァラナシといえば、ガンジス川沿いの光景が思い浮かびます。

なので、ヴァラナシ最後の写真もガンジス川より。

上はお供えの花が浮いている朝の川。
朝日が川面に映ってきれいでした。
(水面には人によっては沐浴で使用している石鹸の泡もまぎれていますが・・。)

下はお祈りを捧げる人。

というわけで、ヴァラナシは終り。
次回からはボンベイより。

今まで数々の詐欺師的インド人にも負けず、順風満帆にやってきたのですが、ボンベイで大変な目に。
詳しくは後ほど・・・。

b0112443_2022425.jpg

[PR]
by munan-munan | 2007-12-18 20:02 | インド
本場でヨガ体験  インド・ヴァラナシ22
b0112443_19165185.jpg


写真はガンジス川沿いの建物。
何の建物かは4年前のことなので、すっかり忘れました。
屋根が特徴的です。

さて、ガンジス川での沐浴はさすがに度胸がなくできませんでしたが、インドに来たからには何かインドらしいものを体験しとかないと・・・、

ということで、ヴァラナシの街をぷらぷら散歩しているときにたまたま見つけた、
「ヨガ教室」に行ってみることにしました。

前日、教室の中に恐る恐る入ってみると、「是非明日の朝来いっ!WELCOMEだ!」という風格のあるインド人おじいさん先生の言葉通り、朝教室へ。

私、旦那と生徒は2人のみ。

軽く1時間ばかり、先生のポーズを見よう見まねにくねくね、のびのび、はねるはねる・・・。
動きながら、呼吸法も伝授してくれます。

そんなに激しい動きではないにかかわらず、汗が噴き出る噴き出る!

終わった後はすっきり、悪いものでも放出された感じ。しかし、遅れて筋肉痛・・・。

体が固い私たち二人なのでした。。。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-16 19:27 | インド
後ろ姿  インド・ヴァラナシ21
b0112443_14505322.jpg


素敵な後ろ姿に魅かれて撮影。

インド滞在中は妙に女性の服の着こなしや色の取り合わせが気になりました。

男性は地味なんですけどね。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-15 14:53 | インド
プージャー  インド・ヴァラナシ20
b0112443_22355095.jpg


写真はヴァラナシ(ベナレス)のガンジス川沿いで夜行われていたプージャー。

プージャーとは供養、礼拝のこと。
ガートで礼拝僧が川に花をお供えし、燭台の火を高々と掲げてお祈りをします。

写真手前がその燭台、奥の立っている男性が祈りを捧げる人。

礼拝に来た人はもちろん、観光客も参加でき、一目それを見物しようと外国人もたくさん集まっています。

礼拝ではありますが、音楽や火の光などの演出がイベントのよう。

私もお花と灯明を川に浮かべてきました。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-11 22:51 | インド
お祭り インド・ヴァラナシ19
b0112443_19424521.jpg


サールナートからヴァラナシへ戻ったら、なんだかざわざわと人だかりができていたので、
行ってみると、お祭りのような行列に遭遇。

ヒンズー教の行事なのでしょうか。

象やら少年僧やらたくさんの人が列をなして道を歩いていました。

写真の焦点があっていないのは、周りの賑やかさに圧倒されていたせいか、私の腕不足・・・。

b0112443_19474449.jpg

[PR]
by munan-munan | 2007-12-10 19:53 | インド
サモサ屋 インド・ヴァラナシ18
b0112443_19373289.jpg


写真は、インドのサールナートでサモサを売る屋台。
つまみ食い。

味は、やはり香辛料たっぷりのカレー味。

インドの味でした。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-10 19:40 | インド
看板職人  インド・ヴァラナシ17
b0112443_23415835.jpg


看板製作中。

なんと書かれているのかさっぱりわかりません。
ヒンディー語??

インドには多様な言語があるのですが、その区別もつかず。

しかし、英語が第2の公用語だけあって、大抵英語が通じます。
え、あなたまで!というぐらい子供から大人まで結構達者です。
というか、正確かそうでないかに限らず、まくしたてるようにしゃべる人が多い気がします。

けど、聞き取りづらいんですよね。私の英語力がおいつかないともいえますが。

threeがtreeに聞こえたり。ちょっと独特です。
日本人に言われたくないと言い返されそうですが・・・。

先日仕事で、日本に来た中国人団体のお世話する機会があったのですが、
「日本人は本当に英語が話せない人が多いわね。滞在中コミュニケーションに困る。中国人より話せない。なぜかしら?」

と質問されました。

まあ、日常で使用機会が極端に少ないとか、学校で会話の教育がない(今はあるのかな?)とか、しゃべるのが恥ずかしいのかも等等答えました。

そんなことを考えると、インドで外国人が旅行するのはまだ楽なのかもしれません。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-05 23:58 | インド
遺跡公園で  インド・ヴァラナシ16
b0112443_21203739.jpg


インドはどこへ行っても誰かがそばにいる気がします。

いい意味でも悪い意味でもほおっておかれない感じです。

前回の記事で書いたサールナートという遺跡公園に来ても、おみやげの売り子たちとずっと行動を共にしていました。

暇なひととき、いい遊び相手がいる!と思われたのでしょうか。

無邪気な子供達ですが、やはり警備員(警察?)は怖いらしく、警備のおじさんの姿を見るや否や、四方八方に走り去っていきます。(けど、また現れるのですが。)
おそらく、遺跡でおみやげ販売をするのを禁止されているのでしょう。

彼らは親切にいろいろ案内してくれます。
彼らについていくと、鹿がいました。

ここは仏典では、「鹿野苑」と呼ばれており、鹿が多く住んでいたことに由来するそうです。

私の実家がある奈良の奈良公園を思い出しました。

でも、鹿せんべいは当然なく、子供たちが持ってきた野菜くずのえさをあげた覚えが。
(もう4年も前なので、記憶なし・・・。)

上の写真はそんなサールナートより。
茶色い河や建物のヴァラナシ中心部からやってくると、緑が新鮮で、本当に美しい場所でした。
[PR]
by munan-munan | 2007-12-04 21:34 | インド
サールナート  インド・ヴァラナシ15
b0112443_2114958.jpg


インドのヴァラナシの北、約10㎞先の郊外にサールナートという場所があります。

ブッダが覚りを開いた後、最初の説法をした場所で、仏教の4大聖地のひとつといわれているところです。

なんと紀元前から仏教聖地として寺院や仏塔、僧院が建てられているそう。

ガンジス河沿いやその周辺の街をひたすら呑気に散歩していたのですが、近くなので足を延ばして行ってみることに。

遺跡というよりも、青々と美しい芝生が広がった公園のようなところでした。

上の写真の大きな塔がダメーク・ストゥーパと呼ばれる建物。
外側の細かな模様が残っていました。
ここがブッダが最初の説法をした場所といわれています。

さて、観光地にはおみやげの売り子たちがつきもの。

「観光客が来た!」

とばかりに、明るい子供たちが寄ってきます。

商売道具である英語もなかなか達者。

彼らのあまりのねばりに根負け。けど、いい子達だったので、会話も楽しいものです。
値段交渉の末、下の写真のブッダの置物を買いました。

今でも我が家の茶箪笥の上に安置されています。

b0112443_21184976.jpg

[PR]
by munan-munan | 2007-12-04 21:19 | インド