「ほっ」と。キャンペーン
<< 猿ヶ京温泉  群馬・水上の旅2 秋の尾瀬4  尾瀬ヶ原 >>
奥利根水源の森の紅葉  群馬・水上の旅1  
b0112443_2035295.jpg


先週は三連休。
久々にきっちり三連休が取れそうだったので、前の週からそわそわ。
「尾瀬に行ったばかりだけど、この機会にどこかに行かねば・・・。」と、紅葉がきれいそうな山にターゲットを決めインターネットでリサーチ。

やはり、直前とあって宿はあんまり開いていないし、レンタカーもどこも満車だし、天気予報もイマイチ。
あきらめかけてた旅でしたが、無事宿とレンタカーを確保。
天気予報で雨だった土曜日を避け、10日、11日に群馬・水上の一泊2日旅を決行したのでした。

一足早く紅葉が始まっている群馬の山奥へ出かけます。

b0112443_203581.jpg


渋滞を心配していた関越道も連休中日はスイスイ。
そして、心配していた天気も曇り雨の天気予報だったにもかかわらず、青空が出てきました!
尾瀬に引き続き、少しツイています♪

水上ICで高速を降りて、照葉峡を目指します。

照葉峡は「関東の奥入瀬」と言われているようで、渓谷には小さな滝が点在しており、紅葉の名所なのです。
みなかみ町に行くと決めて、観光協会のHPで初めて知りました。

まだ、10月10日の時点では色づき始め、少し早いようです。

で、さらに渓谷の上流、奥に進んでいくと、奥利根水源の森に到着。
こちらは、標高が1400メートルと高いため、紅葉がかなりの見頃!
上の写真がその入り口。
一方通行で車両通行可、一周6.8キロ、所要時間30分と書いてあったので、「行ってみよう!」となり中へ入ります。

b0112443_20351156.jpg


車道は砂利道でかなり狭いですが、対向車の心配がないので、ゆっくり紅葉を楽しみながらドライブです。
実際、スピードが出せないので、トロトロ運転。
広大なブナの森が広がっており、赤、黄色、緑の木々がとてもきれいです。

「なんか、紅葉のテーマパークかサファリパークに来た感じだー。」といった印象。

b0112443_20361761.jpg


入り口からしばらく行ったトコロにあった見晴らしポイント。
山の紅葉は見事でした。
ここで、地元・群馬のご夫婦に出会ったのですが、

「いつもこの時期に、ここに来ているのよ~。この紅葉の風景がきれいで好きなのよ。」

とおっしゃっていました。
この奥利根水源の森は夏もまたすばらしいようで、
「静かな森の中で小鳥のさえずりを聞きながらお昼寝が最高よ」との事。

なるほど、いいことを聞きました。

b0112443_20352093.jpg


たまに駐車場やミニハイキングができる周遊コースがあるので、車をとめて散歩ができます。
田代湿原という湿原もあります。春には水芭蕉も観察できるらしい。

ブナの黄葉、ウルシやカエデの紅葉が見事!

b0112443_20363069.jpg


車道の一周コースを満喫し、出口へ。
近くにキャンプ場もあって、紅葉を愛でながら外ご飯が楽しめる絶好のスポットで、かなりうらやましかった・・・。
我が家もいつかはアウトドア道具を持って出かけるぞ・・・、と思ったのでした。

次回は宿泊先の猿ヶ京温泉より。
[PR]
by munan-munan | 2010-10-14 21:16 | 日本 関東
<< 猿ヶ京温泉  群馬・水上の旅2 秋の尾瀬4  尾瀬ヶ原 >>