<< 湯田中・渋温泉に行く その2~... サンタクララ  メキシコ・サン... >>
湯田中・渋温泉に行く その1~よろずや
b0112443_20281330.jpg


メキシコ旅をちょっと中断。
今日は先週末に行ってきた長野県の湯田中温泉より。

母親から「皆で3月の週末に野沢温泉行かへん??」
と突然の電話。

どうやら、妹夫婦がスキー&スノボに行くけど一緒にどう?と誘われて、「じゃあ、便乗して私らは温泉。」と思ったらしく、長野なら私たち夫婦も誘わねばということらしい。

けど、野沢温泉で旅館検索すると、数軒しか空いてない。

これは、バンクーバーオリンピック効果??
確かに、オリンピックを見てるとスキーに行きたくなるし、真央ちゃんのようには行かないけど、スケートも滑ってみたくなる。

「正月に鳴子温泉に行ったばかりで、温泉か・・・。」
と若干乗り気でなかったけど、流れに任せて結局長野県でスキーができて温泉も入れそうな場所を探すことに。

そして、やってきたのが、湯田中温泉。

最初は渋温泉に行くつもりだったけど、父親が、私がピックアップした旅館のうち「ここに泊まろう。」と決めたらしい。

関東に住む私たちは電車&バスを乗り継いで長野駅まで行き、両親と妹夫婦と合流。
そこから車で湯田中まで向かった。

宿泊先は、よろずや

ここ、かなり良かった。

館内は重厚な造りで、いたるところに「すごい!」と思われる品々が展示。
たとえば、狩野永徳が描いたの??と思わせる、教科書に載ってたよね・・・というような唐獅子図屏風とか。
(どうやら、狩野永徳の弟子が模写したらしい。それでも一時は皇室にあったのだとか。戦後旅館の主人が買い取ったらしい。)

そして、料理もかなりおいしいし、なんといってもお風呂が最高。

残念ながら、撮影禁止だったので、今回は写真が撮れなかったんだけど、その様子はこちらの旅館HPで・・・。

桃山風呂という名前で、純木造伽藍建築、日本の大浴場ベスト10にも選出された名物風呂。
とっても広くて泳げるぐらい!
露天風呂も庭園風で風情あり。そして、温泉蒸し風呂もあり。

脱衣所も床や天井の彫刻など歴史を感じさせる雰囲気で、言うことなしだった!

お湯は無色透明で、匂いもそんなにないんだけど、やわらかい感じ。
蒸し風呂に入って汗流して、露天でのんびりして、内湯で温まって・・・、とかなり長湯できる。

またいつかもう一度訪れたいと思える宿でした。

下は宿の外観。
一日目は暖かくてぽろぽろ雨模様。温泉街には雪はほとんどなかったのに、朝起きたら一面真っ白。
さすが、スキー場が近いだけある。

b0112443_20533838.jpg

[PR]
by munan-munan | 2010-03-13 20:57 | 日本 温泉
<< 湯田中・渋温泉に行く その2~... サンタクララ  メキシコ・サン... >>